ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

2012.02.03 自動車ニュース

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

本田技研工業は2012年2月3日、同社の2012年モータースポーツ活動発表会会場において、次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」をお披露目した。

NSXコンセプトは、軽量なボディーに次世代V6 VTEC直噴エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」をミドシップレイアウトしたスーパースポーツモデルで、2012年北米国際自動車ショー(デトロイトショー)にて、「アキュラNSXコンセプト」として世界初公開された。

このNSXコンセプトをベースとしたスーパースポーツは、米国での開発・生産が計画されており、2015年までに米国での販売をスタートした後順次グローバル展開される予定となっている。日本においては、ホンダブランドでの発売を予定。日本市場への導入を機にSUPER GTシリーズへの参戦も計画しているという。

NSXコンセプトは、2012年2月4日(土)・5日(日)に、Honda青山ビル1階のショールーム「Hondaウエルカムプラザ青山」にて一般公開される(開館時間:10:00〜18:00)。

(webCG)

「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。
「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露の画像
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。

関連キーワード:
NSXホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.10.5 試乗記 アウディスポーツが手がけた「アウディTT」シリーズのフラッグシップモデル「TT RS」。400psを誇り、0-100km/h加速をわずか3.7秒でこなす“リトルスーパースポーツ”の実力をサーキットで試した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「オデッセイ」の情報を先行公開 2017.9.28 自動車ニュース 本田技研工業は2017年9月28日、同年11月にマイナーチェンジを予定している「オデッセイ」に関する情報を、ホームページ上で先行公開した。エクステリアデザインの変更に加え、安全運転支援システム「ホンダセンシング」の機能強化を予定している。
  • 「ホンダ・ステップワゴン」にハイブリッド車が登場 2017.9.28 自動車ニュース 本田技研工業は2017年9月28日、「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」にマイナーチェンジを施すとともに、ステップワゴン スパーダにハイブリッドモデルを追加設定すると発表した。同年9月29日に販売を開始する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る