ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

2012.02.03 自動車ニュース

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

本田技研工業は2012年2月3日、同社の2012年モータースポーツ活動発表会会場において、次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」をお披露目した。

NSXコンセプトは、軽量なボディーに次世代V6 VTEC直噴エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」をミドシップレイアウトしたスーパースポーツモデルで、2012年北米国際自動車ショー(デトロイトショー)にて、「アキュラNSXコンセプト」として世界初公開された。

このNSXコンセプトをベースとしたスーパースポーツは、米国での開発・生産が計画されており、2015年までに米国での販売をスタートした後順次グローバル展開される予定となっている。日本においては、ホンダブランドでの発売を予定。日本市場への導入を機にSUPER GTシリーズへの参戦も計画しているという。

NSXコンセプトは、2012年2月4日(土)・5日(日)に、Honda青山ビル1階のショールーム「Hondaウエルカムプラザ青山」にて一般公開される(開館時間:10:00〜18:00)。

(webCG)

「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。
「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露の画像
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【レビュー】 2016.10.8 試乗記 11年ぶりに復活したホンダのスーパースポーツ「NSX」。独自のハイブリッドシステムを搭載した同車の実力はどれほどのものなのか? ドイツ勢のライバルである「アウディR8」や「ポルシェ911ターボS」との比較を交え、それを検証した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(前編) 2016.11.17 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「ホンダNSX」に試乗する。3モーターハイブリッドシステムを搭載する2代目を、谷口はどう評価する?
  • BMWが新型「5シリーズ ツーリング」を発売 2017.6.22 自動車ニュース BMWが新型「BMW 5シリーズ ツーリング」を発売した。荷室容量は5人乗車時で570リッター、後席をたたんだ状態で1700リッター。優れた空力性能も特徴で、ディーゼルモデルの「523d」では19.4km/リッターという燃費を実現している。
ホームへ戻る