ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

2012.02.03 自動車ニュース

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

本田技研工業は2012年2月3日、同社の2012年モータースポーツ活動発表会会場において、次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」をお披露目した。

NSXコンセプトは、軽量なボディーに次世代V6 VTEC直噴エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」をミドシップレイアウトしたスーパースポーツモデルで、2012年北米国際自動車ショー(デトロイトショー)にて、「アキュラNSXコンセプト」として世界初公開された。

このNSXコンセプトをベースとしたスーパースポーツは、米国での開発・生産が計画されており、2015年までに米国での販売をスタートした後順次グローバル展開される予定となっている。日本においては、ホンダブランドでの発売を予定。日本市場への導入を機にSUPER GTシリーズへの参戦も計画しているという。

NSXコンセプトは、2012年2月4日(土)・5日(日)に、Honda青山ビル1階のショールーム「Hondaウエルカムプラザ青山」にて一般公開される(開館時間:10:00〜18:00)。

(webCG)

「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。
「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露の画像
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る