ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

2012.02.03 自動車ニュース

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

本田技研工業は2012年2月3日、同社の2012年モータースポーツ活動発表会会場において、次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」をお披露目した。

NSXコンセプトは、軽量なボディーに次世代V6 VTEC直噴エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」をミドシップレイアウトしたスーパースポーツモデルで、2012年北米国際自動車ショー(デトロイトショー)にて、「アキュラNSXコンセプト」として世界初公開された。

このNSXコンセプトをベースとしたスーパースポーツは、米国での開発・生産が計画されており、2015年までに米国での販売をスタートした後順次グローバル展開される予定となっている。日本においては、ホンダブランドでの発売を予定。日本市場への導入を機にSUPER GTシリーズへの参戦も計画しているという。

NSXコンセプトは、2012年2月4日(土)・5日(日)に、Honda青山ビル1階のショールーム「Hondaウエルカムプラザ青山」にて一般公開される(開館時間:10:00〜18:00)。

(webCG)

「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。
「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露の画像
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 【トミカNo.43】ホンダNSX 2017.8.10 トミカ大写真展 11年のときを経て復活を遂げた「ホンダNSX」。パワープラントには3.5リッターV6ターボエンジンと3基の駆動用モーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されており、左右前輪を個別に制御することで、卓越した運動性能を実現している。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • 【トミカプレミアムNo.21】ホンダNSXタイプR 2017.8.9 トミカ大写真展 高出力のV6エンジンをミドシップレイアウトで搭載する高性能スポーツカーとして、1990年に登場した「ホンダNSX」。アルミモノコックボディーがもたらす高い運動性能と、過去に例のないドライバー中心の車両設計は、世界中のスーパーカーに影響をもたらした。
ホームへ戻る