「フィアット500」ファンなら気になるレディースバッグがお目見え

2008.01.24 自動車ニュース
「フィアット500」ファンなら気になるレディースバックがお目見え

「フィアット500」ファンなら気になるレディースバッグがお目見え

2007年7月4日、新型「フィアット500」が発表されて以降、イタリアの街ではミニカーやTシャツをはじめ、500をモティーフにしたグッズが溢れるようなった。

「D-purse」
http://www.dpurse.com
「フィアット500」ファンなら気になるレディースバックがお目見え

そうした中、遂にこんなバッグまでお目見えした。

販売しているのは「D-purse」で、サイズは大が40×40cm(450ユーロ=約6万9750円)、小が20×20cm(300ユーロ=約4万6500円)である。特に前者はそのサイズから、肩に掛ければかなりのインパクトがありそうだ。

デザインを手がけたカルロ・マリア・ペラガッロは、工業デザイナー出身だけあって、ディテールがきめ細やかである。
たとえばナンバーはトリノを示す「TO」、エンジンフードに見立てた部分はポケットに、さらにサイドに垂れ下がったリボンはタイヤに見えるという懲りようだ。

レディース用とはいえ、エンスー心のツボを見事についたこのバッグ、リアシートに置いてチラつかせたい男子も多いのでは?

(文=大矢麻里 Mari OYA/写真=D-purse)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)【試乗速報】 2008.3.25 試乗記 フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)
    ……233.0万円

    2007年にデビューしたリバイバル版「フィアット500」が、いよいよ日本でも発売開始。初期導入される1.2リッターモデルを、初春の東京で試した。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
ホームへ戻る