【スペック】全長×全幅×全高=4930×1870×1835mm/ホイールベース=2890mm/車重=2160kg/駆動方式=4WD/4リッターV6SOHC24バルブ(213ps/5100rpm、35.1kgm/3700rpm)/価格=430.0万円(テスト車=同じ)

フォード・エクスプローラーXLT(4WD/5AT)【試乗記】

芸がないわけではない 2008.01.24 試乗記 フォード・エクスプローラーXLT(4WD/5AT)
……430.0万円
フォードを代表する本格派SUV「エクスプローラー」がデザイン変更を受け、装備が追加された。ベーシックモデル「XLT」でその乗り心地を試す。

居心地がイイ

夜、『webCG』編集部で「フォード・エクスプローラーXLT」のキーを受け取って、暗い駐車スペースでご対面。エクスプローラーXLTは、2008年モデルから前後バンパーがボディ同色となっている。上級グレードのV8エディーバウアーはいままで通りボディとバンパーが別の色に塗られているけれど、同色のほうが精悍なツラ構えでカッコいいのではないか。個人的にはそう思う。

エクスプローラーXLTに乗り込むと、肩の力が抜けてホッとする。色はキャメル、生地はクロスというインテリアは、よく言えば素朴で木訥とした雰囲気、悪く言えば野暮ったいムード。でも、ぬる〜い温泉につかっているようで気分は悪くない。というか、かなり好きです。
モノトーンで統一し、必要とあらばアルミやカーボンでぱっつんぱっつんに“お化粧”する欧州製プレミアムSUVだと、こういうリラックスした気分にはならない。エクスプローラーがぬるい温泉だとするならば、欧州製プレミアムはちょっと緊張しながら入る冷水風呂とかサウナだ。

エンジンに火を入れて走り始めても、ぬるくて居心地がいいという印象は変わらない。4リッターのV6は快音を発するわけでも、回転フィールが上質なわけでもないけれど、頼りがいのあるトルクを供給してくれて扱いやすい。5ATの変速は充分に素早くスムーズで、不満はない。
乗り心地はソフト。路面状況の悪いところでザラザラとした感触を伝えるのは玉にキズではあるけれど、おおむね快適だ。ボディの見切りがよくて車幅を把握しやすいから、狭い路地でも不安に感じることはない。
ただし、ストップ&ゴーが続く都内の道では、ブレーキペダルのタッチが曖昧なことと、ブレーキを踏んだ瞬間のノーズダイブが気になった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクスプローラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る