日産ウイングロードに燃費向上のための改良

2008.01.23 自動車ニュース

日産ウイングロードに燃費向上のための改良

日産自動車は、ウイングロードを一部改良し、2008年1月23日にニューモデルの販売を開始した。

■JC08モード燃費で16.6km/L

今回の一部改良では、HR15DEエンジン+エクストロニックCVT搭載の2WD仕様(15M、15M authentic)を改良し、新しい燃費基準JC08モードに対応させたのが大きなトピック。

JC08モードは、従来の10.15モード燃費計測より実態に近い燃費情報を提供するために、最近の走行実態を反映した計測モード。よって、この計測法での燃費を向上させることが、実燃費向上に繋がるというわけだ。

具体的には、JC08モードにはエンジンが冷えた状態での燃費計測が含まれるため、ここでの燃費向上を図るためにCVTオイルウォーマーが採用された。同装置で早期暖気を促すことで、燃費を向上させるのが狙いだ。そのほかOBDシステム(車載式故障診断システム)を高度化し、排出ガス濃度をより正確に自己判断できるものへとバージョンアップさせた。

新型(1.5リッター2WD車)の燃費は、10.15モードが19.2km/L、JC08モードでは16.6km/Lとなる。なお、今回の改良ではインテリアの一部変更(運転席背面シート表皮の変更)が行われた。

価格は、156万4500円から192万6750円まで。

(webCG 曽宮)


日産ウイングロードに燃費向上のための改良の画像

日産ウイングロードに燃費向上のための改良の画像

日産ウイングロードに燃費向上のための改良の画像

日産ウイングロードに燃費向上のための改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウイングロードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)【試乗記】 2002.5.14 試乗記 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)
    ……367.0万円

    ぶっちゃけたハナシ、スカイラインのステーションワゴン。そう解説する自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ステージアのターボモデルに乗った。セダンには用意されない「ターボ+4WD」のワゴンやいかに!?


  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
ホームへ戻る