【スペック】全長×全幅×全高=3580×1605×1520mm/ホイールベース=2300mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4 DOHC16 バルブ(100ps/6000rpm、13.3kgm/4250rpm)/価格=207.0万円(テスト車=同じ)

フィアット・パンダ100HP(FF/6MT)【試乗記】

悩みどころ 2008.01.23 試乗記 フィアット・パンダ100HP(FF/6MT)
……207万円

「フィアット・パンダ」の限定スポーティモデル「100HP」。1.4リッターエンジンを搭載し、車名の通り100psを発生するイタリアンハッチに試乗した。

待望のFFマニュアルモデル

以前、「パンダ4×4」の試乗記に、「個人的には、前輪駆動でいいからマニュアルギアボックスで、スカイドーム付き/ルーフレール無し(これなら立体駐車場もOK!)モデルがあったら“買い”なんだけどなぁ」と書いた私にとって、この「パンダ100HP」はまさに待望のモデルである。

コンパクトカー王国の日本とはいえ、洒落た雰囲気のクルマを探すなら、ラテンのインポートブランドは外せない。「フィアット・パンダ」もそんな一台なのだが、日本に送り込まれてくるのはいわゆる2ペダルMT仕様ばかり(パンダ4×4はコンベンショナルな5MT)。圧倒的にオートマチック比率の高い市場だから、ATを用意してくれるだけでもありがたいと思うべきなのだろう。でも、私のように「マニュアルで乗りたい!」と思う“現役マニュアルドライバー”が、少数ながら存在するのはたしかだ。

そんな少数派にとって、このパンダ100HPは思わず食指が動いてしまいそうな愉しげなクルマだ。軽快なFFモデルに6段MTが組み合わされるだけでもうれしいのに、エンジンは60psの1.2リッターから、文字どおり100psの1.4リッターに格上げされるのだから、期待せずにはいられない。

実車を目の前にすると、さらに期待は高まる。試乗車が“ルンバレッド”と呼ばれる鮮やかな赤だったせいもあって、ブラックの大型フロントグリルやディフューザー風のリアバンパー、サイドスカート一体型のフェンダーアーチなどが、精悍なエクステリアを際だたせる。ルーフレールが取り払われ、全高が1520mmに抑えられたのも、スポーティな雰囲気づくりに貢献している。惜しいのは、屋根にルーフレールの取り付け穴が残るのと、スカイドームの設定がないことくらいだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る