ホンダ、2012年のモータースポーツに新たな動き

2012.02.03 自動車ニュース
発表会の会場には、ホンダ系チームから2012年のレースにエントリーするライダーとドライバーが終結。意気込みなどを語った。
ホンダ、2012年のモータースポーツに新たな動き

ホンダ、「シビック」「CR-Z」「NSX」などでのモータースポーツ活動を表明

本田技研工業は2012年2月3日、東京・青山の本社で記者会見を開き、2012年シーズンのモータースポーツ活動体制を発表した。

WTCCへの参戦が予定される「ホンダ・シビック」のレーシングカー。写真は、発表会でのスライドから。
ホンダ、2012年のモータースポーツに新たな動き
同じく、SUPER GT(GT300クラス)に参戦する「ホンダCR-Z」。巨大なオーバーフェンダーとGTウイングが目を引く。
ホンダ、2012年のモータースポーツに新たな動き

■箱車のレースに殴りこみ

2012年、ホンダ四輪部門のモータースポーツ活動は、話題が豊富になりそうだ。まず注目されるのは、世界ツーリングカー選手権(WTCC)。昨シーズン、シボレー、セアト、BMW、ボルボの各チームにより世界を舞台に争われたこの“箱車のケンカ・レース”に、ホンダも2012年中盤から参戦する。
マシンは欧州で発売される新型の5ドア版「シビック」で、エンジンはレース専用の1.6リッター直4ガソリンターボ。開発はホンダが行い、製造とメンテナンスはM-TEC(無限)が担当する。

ホンダの伊藤孝紳社長によれば、参戦の理由は、まず「(F1撤退以来遠ざかっていた)世界の戦いの舞台に戻りたかったから」。もちろん「欧州における『シビック』の知名度アップや、1.6リッターターボエンジンの技術が市販車にフィードバックできる可能性も考えてのこと」だという。
2012年は、10月に鈴鹿サーキットで開催される日本ラウンドから1台で参戦。翌2013年は2台体制でのフル参戦が予定されている。

もうひとつの大きなトピックはSUPER GTである。今年のホンダは、「チーム無限」を通じてGT300クラスにスポーツハイブリッド「CR-Z」を投入する。レースを戦うパワーユニットは、市販車とは異なる“レーシングハイブリッド”と呼ばれるもので、目下、鋭意開発中とのこと。
ドライバーは、昨年GT500クラスに参戦した元インディカードライバーの武藤英紀選手。スポーツランドSUGOで開催される第4戦から参戦する。

「レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング」からインディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨も姿を見せた。インディ・ジャパンが開催されない今年は、フォーミュラ・ニッポンにスポット参戦することも決定している(チーム等は未定)。
ホンダ、2012年のモータースポーツに新たな動き
ホンダの伊東社長と「NSXコンセプト」のツーショット。量産車の販売計画のみならず、将来的なSUPER GTへの参戦計画も着々と進んでいるという。
ホンダ、2012年のモータースポーツに新たな動き
こちらは、「Honda Sports & Eco Program」に用いられる「CR-Z」(写真手前)と、「もてぎ1.5チャレンジカップ」の「フィットRS」。ハイブリッドカーでのモータースポーツ参加を推進することについて伊東社長は、「ハイブリッドで今までにない運転の楽しさを示せるという見通しがたってきた。エンジンとモーターが補完し合うことで得られるものの可能性を今後も探りたい」と、その意義を説明した。
ホンダ、2012年のモータースポーツに新たな動き

■ハイブリッドの「NSX」でSUPER GT参戦!?

一方、上位カテゴリーのGT500クラスについては、今年も「HSV-010」で5チーム5台体制がとられる。ただし、「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ(ARTA)」は、前述のとおりGT300クラスに移籍する武藤英紀に代えて、2010年シーズンまでチームに在籍したラルフ・ファーマンが返り咲き。「ウイダー・ホンダ・レーシング」もロイック・デュバルの代わりにオランダ人ドライバー カルロ・ヴァン・ダムを起用する。

この日はさらに、将来的にハイブリッドのスーパースポーツカー「NSXコンセプト」でSUPER GTに参戦する計画も明らかにされた。
「NSXコンセプト」は、2012年1月のデトロイトショーで公開されたばかりのコンセプトカーだが、今後、3年以内に北米で同車の開発・生産を行った後、日本市場での発売を経て、「HSV-010」と入れ替わる形でSUPER GTに投入される見通しだという。

そのほかホンダは、フォーミュラ・ニッポンにおいて、3.4リッターV8エンジン「HR10E」を4チーム6台に供給。今年から複数メーカーがエンジンを提供するようになるアメリカのインディカーシリーズでは、2.2リッターV6ターボエンジン「HI12R」を6チーム10台に供給する。

また、ユーザー参加型のモータースポーツイベントとして、「CR-Z」を使ったレクリエーション・プログラム「Honda Sports & Eco Program」や、「フィットRS」による小排気量車のレース「もてぎ1.5チャレンジカップ」、さらに、1リッターの燃料でどこまで走れるかを競う伝統のエコランレース「Honda エコマイレッジチャレンジ2012」なども開催。より多くの方に、モータースポーツの魅力を伝えたいとしている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。