「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

2008.01.22 自動車ニュース

「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、ハイパフォーマンスモデル「ロータス・エキシージ S PP」を、2008年1月18日に発売した。

車名の「PP」(ピーピー)とは、「パフォーマンスパック」の略。「Magnuson/Eaton」のM62スーパーチャージャー、新型インジェクター、大型ルーフスクープなどを備え、ベースモデル「エキシージ S」より22psと1.5kgmアップの、243ps、23.5kgmを発生する。

装備の目玉は、「トラクションコントロール」と「ローンチコントロール」だ。
これにより、ドライバーはレブリミットを事前に設定し、クラッチ操作不要のままアクセルペダルを踏み込むだけで最も理想的な発進加速ができる。スタート直後のホイールスピンはローンチコントロールで防ぎ、車速が約10km/h以上になってからは、トラクションコントロールの守備範囲とする。

ローンチコントロールと同様に、トラクションコントロールも運転席から設定可能。運転中でもコーナーの特性に合わせて変更することができる。完全なオフ状態を含め、タイヤのスリップ率を細かく(30段階以上!)調節できるという。
さらに、この設定状況は、新型「インストゥルメントパック」のメッセージパネルに表示される。

機械的な制動に関しても、フロントに「AP Racing製4ピストンキャリパー」&「308mmベンチレーテッドクロスドリルドディスク」を装備。リアはブレーキパッドとホースがアップグレードされる。

価格は、ベースモデル「エキシージ S」より74万5500アップの804万5500円となっている。

(webCG 関)

「ロータス・エキシージ S PP」
「ロータス・エキシージ S PP」

関連キーワード:
エキシージロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.14 試乗記 「ジャガーFタイプ」に新たに加わった、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルに試乗。従来のマルチシリンダーモデルとのドライブフィールの違いを確かめるとともに、スポーツカーのパワーユニットのあり方について考えた。
ホームへ戻る