「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

2008.01.22 自動車ニュース

「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、ハイパフォーマンスモデル「ロータス・エキシージ S PP」を、2008年1月18日に発売した。

車名の「PP」(ピーピー)とは、「パフォーマンスパック」の略。「Magnuson/Eaton」のM62スーパーチャージャー、新型インジェクター、大型ルーフスクープなどを備え、ベースモデル「エキシージ S」より22psと1.5kgmアップの、243ps、23.5kgmを発生する。

装備の目玉は、「トラクションコントロール」と「ローンチコントロール」だ。
これにより、ドライバーはレブリミットを事前に設定し、クラッチ操作不要のままアクセルペダルを踏み込むだけで最も理想的な発進加速ができる。スタート直後のホイールスピンはローンチコントロールで防ぎ、車速が約10km/h以上になってからは、トラクションコントロールの守備範囲とする。

ローンチコントロールと同様に、トラクションコントロールも運転席から設定可能。運転中でもコーナーの特性に合わせて変更することができる。完全なオフ状態を含め、タイヤのスリップ率を細かく(30段階以上!)調節できるという。
さらに、この設定状況は、新型「インストゥルメントパック」のメッセージパネルに表示される。

機械的な制動に関しても、フロントに「AP Racing製4ピストンキャリパー」&「308mmベンチレーテッドクロスドリルドディスク」を装備。リアはブレーキパッドとホースがアップグレードされる。

価格は、ベースモデル「エキシージ S」より74万5500アップの804万5500円となっている。

(webCG 関)

「ロータス・エキシージ S PP」
「ロータス・エキシージ S PP」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
ホームへ戻る