「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

2008.01.22 自動車ニュース

「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、ハイパフォーマンスモデル「ロータス・エキシージ S PP」を、2008年1月18日に発売した。

車名の「PP」(ピーピー)とは、「パフォーマンスパック」の略。「Magnuson/Eaton」のM62スーパーチャージャー、新型インジェクター、大型ルーフスクープなどを備え、ベースモデル「エキシージ S」より22psと1.5kgmアップの、243ps、23.5kgmを発生する。

装備の目玉は、「トラクションコントロール」と「ローンチコントロール」だ。
これにより、ドライバーはレブリミットを事前に設定し、クラッチ操作不要のままアクセルペダルを踏み込むだけで最も理想的な発進加速ができる。スタート直後のホイールスピンはローンチコントロールで防ぎ、車速が約10km/h以上になってからは、トラクションコントロールの守備範囲とする。

ローンチコントロールと同様に、トラクションコントロールも運転席から設定可能。運転中でもコーナーの特性に合わせて変更することができる。完全なオフ状態を含め、タイヤのスリップ率を細かく(30段階以上!)調節できるという。
さらに、この設定状況は、新型「インストゥルメントパック」のメッセージパネルに表示される。

機械的な制動に関しても、フロントに「AP Racing製4ピストンキャリパー」&「308mmベンチレーテッドクロスドリルドディスク」を装備。リアはブレーキパッドとホースがアップグレードされる。

価格は、ベースモデル「エキシージ S」より74万5500アップの804万5500円となっている。

(webCG 関)

「ロータス・エキシージ S PP」
「ロータス・エキシージ S PP」

関連キーワード:
エキシージロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る