「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

2008.01.22 自動車ニュース

「ロータス・エキシージ」にハイパフォーマンスバージョンが登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、ハイパフォーマンスモデル「ロータス・エキシージ S PP」を、2008年1月18日に発売した。

車名の「PP」(ピーピー)とは、「パフォーマンスパック」の略。「Magnuson/Eaton」のM62スーパーチャージャー、新型インジェクター、大型ルーフスクープなどを備え、ベースモデル「エキシージ S」より22psと1.5kgmアップの、243ps、23.5kgmを発生する。

装備の目玉は、「トラクションコントロール」と「ローンチコントロール」だ。
これにより、ドライバーはレブリミットを事前に設定し、クラッチ操作不要のままアクセルペダルを踏み込むだけで最も理想的な発進加速ができる。スタート直後のホイールスピンはローンチコントロールで防ぎ、車速が約10km/h以上になってからは、トラクションコントロールの守備範囲とする。

ローンチコントロールと同様に、トラクションコントロールも運転席から設定可能。運転中でもコーナーの特性に合わせて変更することができる。完全なオフ状態を含め、タイヤのスリップ率を細かく(30段階以上!)調節できるという。
さらに、この設定状況は、新型「インストゥルメントパック」のメッセージパネルに表示される。

機械的な制動に関しても、フロントに「AP Racing製4ピストンキャリパー」&「308mmベンチレーテッドクロスドリルドディスク」を装備。リアはブレーキパッドとホースがアップグレードされる。

価格は、ベースモデル「エキシージ S」より74万5500アップの804万5500円となっている。

(webCG 関)

「ロータス・エキシージ S PP」
「ロータス・エキシージ S PP」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る