【スペック】全長×全幅×全高=4585×1770×1445mm/ホイールベース=2760mm/車重=1550kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(204ps/6100rpm、25.0kgm/2900〜5500rpm)/価格=568.0万円(テスト車=614万7200円/メタリックペイント=7万4000円/シートヒーター付き本革シート=28万4000円/パークトロニック=8万4000円/ETC=2万5200円)

メルセデス・ベンツC250エレガンス(FR/7AT)【試乗記】

遅れてきたC250 2008.01.22 試乗記 メルセデス・ベンツC250エレガンス(FR/7AT)
……614万7200円


2007年6月の発売から売上げ好調なメルセデス・ベンツ「Cクラス」。半年がたって一歩遅れて導入された2.5リッターモデルを試す。

目論みどおり

新型Cクラスの販売が好調だ。2007年6月下旬の発売から10月末までの受注台数は約7600台に達し、そのうち5000台あまりがすでにユーザーのもとへ届けられている。7月〜9月の販売台数ランキングでも2位のBMW3シリーズに迫る勢いで、近ごろ街なかで見かける機会が増えているのも納得がいく。

打倒3シリーズ、そして、ユーザー層の若返りを狙って、スポーティ路線を強めた新型Cクラス。それを象徴するのが「アバンギャルド」と呼ばれるクーペグリルのタイプで、その販売比率はこれまでの流れを汲む「エレガンス」を大きく引き離し、7割を占めるという。おかげで購入者の平均年齢は下がる傾向にあるというが、予想以上のアバンギャルド人気で納期が長くなるなど、うれしい悲鳴を上げる状況にあるようだ。

自動車ジャーナリストの生方聡。
自動車ジャーナリストの生方聡。
メルセデス・ベンツC250エレガンス(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る