クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4585×1770×1445mm/ホイールベース=2760mm/車重=1550kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(204ps/6100rpm、25.0kgm/2900〜5500rpm)/価格=568.0万円(テスト車=614万7200円/メタリックペイント=7万4000円/シートヒーター付き本革シート=28万4000円/パークトロニック=8万4000円/ETC=2万5200円)

メルセデス・ベンツC250エレガンス(FR/7AT)【試乗記】

遅れてきたC250 2008.01.22 試乗記 メルセデス・ベンツC250エレガンス(FR/7AT)
……614万7200円


2007年6月の発売から売上げ好調なメルセデス・ベンツ「Cクラス」。半年がたって一歩遅れて導入された2.5リッターモデルを試す。

目論みどおり

新型Cクラスの販売が好調だ。2007年6月下旬の発売から10月末までの受注台数は約7600台に達し、そのうち5000台あまりがすでにユーザーのもとへ届けられている。7月〜9月の販売台数ランキングでも2位のBMW3シリーズに迫る勢いで、近ごろ街なかで見かける機会が増えているのも納得がいく。

打倒3シリーズ、そして、ユーザー層の若返りを狙って、スポーティ路線を強めた新型Cクラス。それを象徴するのが「アバンギャルド」と呼ばれるクーペグリルのタイプで、その販売比率はこれまでの流れを汲む「エレガンス」を大きく引き離し、7割を占めるという。おかげで購入者の平均年齢は下がる傾向にあるというが、予想以上のアバンギャルド人気で納期が長くなるなど、うれしい悲鳴を上げる状況にあるようだ。

自動車ジャーナリストの生方聡。
自動車ジャーナリストの生方聡。 拡大
メルセデス・ベンツC250エレガンス(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

充実装備が自慢

ところで、新型Cクラスには、大きく分けて3グレード、すなわち、1.8リッターのスーパーチャージャー付直列4気筒エンジンを積む「C200コンプレッサー」と、2.5リッターV6の「C250」、3リッターV6の「C300」がある。うち、生産スケジュールの都合でC250のみ遅れて日本に上陸していた。

C250は、最高出力204ps/6100rpm、最大トルク25.0kgm/2900〜5500rpmのV6エンジンを搭載するとともに、オートマチックが7段の“7G-TRONIC”となり、また、メモリー付電動シートや電動チルト&テレスコピックステアリングを採用するなど、C200コンプレッサーをさらに上回る充実の装備が自慢。
例によって、エレガンスとアバンギャルドの2タイプが用意され、フロントグリルのデザインやメーターパネルのカラーなどが変わる。装着されるタイヤサイズは、エレガンスの205/55R16に対し、アバンギャルドは1インチアップの225/45R17の1インチアップになるが、両者の違いはこの程度だ。

バランスのよさが魅力

このうち今回試乗したのは、“カーネリアンレッド”というワインレッドが美しいC250エレガンスで、ステアリングの位置は左。ちなみに、Cクラスで左ハンドルが選べるのはC250だけということで、“左ハンドル派”にとっては待望のモデルということになる。

ベージュを基調としたインテリアはメイプルウッドパネルやオプションのレザーシートなどによって上品にまとめ上げられている。ただ、この色合いだとダッシュボードが少し安っぽく見えるのが玉にキズだ。

さっそく走り出すと、7ATが組み合わされた2.5リッターV6は低回転から余裕があり、エンジンのスムーズさやオートマチックのマナーの良さも手伝って、タウンスピードではストレスなく走ることができる。一方、高速の合流などでアクセルペダルを大きく踏めば、3000rpmあたりからレブリミットまで、さらに力強いリニアな加速を見せてくれる。その際、キャビンに漏れ伝わるエンジン音がよく抑えられるのが、C200コンプレッサーに対するアドバンテージで、ワンランク上の上質さが感じられた。

走りっぷりは、Cクラスご自慢の軽快感を示しながら、一般道から高速まで、終始フラットさを保ち、路面からのショックも上手くかわす高い快適性を兼ね備える。パワーを含めたバランスのよさはCクラス随一で、「アジリティ(俊敏さ)は重要だけど、コンフォートは失いたくない」わがままな私には、このC250エレガンスがベストモデルに思えた。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事