今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】

2008.01.21 自動車ニュース

【デトロイトショー08】今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI

【デトロイトショー08】今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI

アウディはデトロイトショーで、高性能ディーゼルエンジン搭載の「R8 V12 TDIコンセプト」を発表した。


今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

■コンパクト設計のV12ターボを搭載

2008年1月に原油価格が史上で初めて1バレル=100ドルを突破するなど、ガソリン価格の高騰が続いている。そんななか行われたデトロイトショーでは、各社から例年以上に低燃費や低排出ガスを謳うモデルが登場したようだ。アウディが用意したのは、クラストップレベルのトルク性能を謳う「R8 V12 TDIコンセプト」。搭載するのは、6リッターV12の高性能かつクリーンなターボディーゼルだ。

このエンジンは、ルマン24時間レースで2度の優勝を成し遂げたアウディR10の技術を注入したとする多気筒TDIユニット。レーシングテクノロジーが投入されたのは主に高圧燃料噴射システムやその制御など。バンク角はR10が90度であるのに対し、ロードゴーイングモデルのR8 V12 TDIのそれは60度と、ベースとなったのは別ユニットであることがわかる。

83mm×91.4mmのボア×ストロークは6気筒版の3.0TDIと同じ。このシリーズのエンジンはコンパクト設計が特徴。R8 V12 TDIも12気筒にしてエンジン長は684mmと短いため、R8への搭載が可能になったようだ。


今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

■ユーロ6をパスするNOxレベルを実現

燃料噴射システムには、2000barの高圧噴射を実現したボッシュ社製の最新コモンレールシステムを搭載する。8つのノズルから高速でかつきめ細かな噴射を行うピエゾインジェクターにより燃焼効率が高められ、高出力化や排ガスのクリーン化、振動低減など多くのメリットをもたらす。スペックは最高出力500hp、最大トルク102kgmで、最高速は300km/h。0-100km/h加速タイムはわずか4.2秒という。

排気システムには、各バンクごとにDPF(ディーゼル パティキュレート フィルター)を備えるほか、酸化触媒やAdBlueシステムなど、持てる技術が惜しげなく投入された。Adblueシステムは排出ガス内に尿素を噴霧する装置のこと。尿素がマフラー内で熱分解されてアンモニアとなり、それがNOxを無害な窒素と水に分解する。これによりNOxの大幅削減が可能となり、北米のBin5や欧州ユーロ6(2014年頃施行予定)などの厳しい排出ガス基準をパスするクリーンさを実現したという。

(webCG 曽宮)

関連記事
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • アウディR8(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.19 試乗記 第2世代へと進化したアウディのフラッグシップスポーツ、新型「R8」が日本に上陸。富士スピードウェイでフルパワーを解き放った。ドライからウエットへと変化する路面で体感した、その走りを報告する。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る