今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】

2008.01.21 自動車ニュース

【デトロイトショー08】今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI

【デトロイトショー08】今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI

アウディはデトロイトショーで、高性能ディーゼルエンジン搭載の「R8 V12 TDIコンセプト」を発表した。


今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

■コンパクト設計のV12ターボを搭載

2008年1月に原油価格が史上で初めて1バレル=100ドルを突破するなど、ガソリン価格の高騰が続いている。そんななか行われたデトロイトショーでは、各社から例年以上に低燃費や低排出ガスを謳うモデルが登場したようだ。アウディが用意したのは、クラストップレベルのトルク性能を謳う「R8 V12 TDIコンセプト」。搭載するのは、6リッターV12の高性能かつクリーンなターボディーゼルだ。

このエンジンは、ルマン24時間レースで2度の優勝を成し遂げたアウディR10の技術を注入したとする多気筒TDIユニット。レーシングテクノロジーが投入されたのは主に高圧燃料噴射システムやその制御など。バンク角はR10が90度であるのに対し、ロードゴーイングモデルのR8 V12 TDIのそれは60度と、ベースとなったのは別ユニットであることがわかる。

83mm×91.4mmのボア×ストロークは6気筒版の3.0TDIと同じ。このシリーズのエンジンはコンパクト設計が特徴。R8 V12 TDIも12気筒にしてエンジン長は684mmと短いため、R8への搭載が可能になったようだ。


今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

今やスーパーカーもディーゼル アウディR8 V12 TDI【デトロイトショー08】の画像

■ユーロ6をパスするNOxレベルを実現

燃料噴射システムには、2000barの高圧噴射を実現したボッシュ社製の最新コモンレールシステムを搭載する。8つのノズルから高速でかつきめ細かな噴射を行うピエゾインジェクターにより燃焼効率が高められ、高出力化や排ガスのクリーン化、振動低減など多くのメリットをもたらす。スペックは最高出力500hp、最大トルク102kgmで、最高速は300km/h。0-100km/h加速タイムはわずか4.2秒という。

排気システムには、各バンクごとにDPF(ディーゼル パティキュレート フィルター)を備えるほか、酸化触媒やAdBlueシステムなど、持てる技術が惜しげなく投入された。Adblueシステムは排出ガス内に尿素を噴霧する装置のこと。尿素がマフラー内で熱分解されてアンモニアとなり、それがNOxを無害な窒素と水に分解する。これによりNOxの大幅削減が可能となり、北米のBin5や欧州ユーロ6(2014年頃施行予定)などの厳しい排出ガス基準をパスするクリーンさを実現したという。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
R8アウディデトロイトモーターショー2008イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> まだ寝静まった早朝の都市を「アウディA5カブリオレ」で行く。ソフトトップを畳むと、頭上に冬の高く青い空が広がった。カブリオレでしか味わえない、心が解き放たれる瞬間だ。A5カブリオレで街を流せば、空がいつもと違って見えてくるだろう。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る