2008年モデルの「キャデラックDTS」は装備を上級に

2008.01.21 自動車ニュース

2008年モデルの「キャデラックDTS」は装備を上級に

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは2008年1月18日、キャデラックのフラッグシップサルーン「DTS」の2008年モデルを発表。2月上旬から販売を開始する。

4.6リッターV8+4ATなど、機関面の変更は行われない。2008年モデルでは装備品が改められた。
装備は本国で最上級グレードとなる「プラチナ・エディション」に準ずるもので、日本では「DTS Platinum」と称され、モノグレードで販売される。

フロントグリルはクローム仕上げとされ、新デザインの18インチ7本スポークホイールを採用。スエード調のインテリアは、タスカニーレザーを用いたシートやウッドトリムで飾られ、電動サンルーフも装備される。「Platinum」ロゴの入ったイルミネイテッドドアシルプレートも与えられる。

価格は従来より10.0万円高の885.0万円。

(webCG 本諏訪)


2008年モデルの「キャデラックDTS」は装備を上級にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DTSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 第5回:HOTでCOOLな「CTS-V」がわが家にやってきた!
    649psのスーパーセダンの週末性能を探る
    2017.3.17 特集 キャデラックCTSと過ごす毎日を、さまざまな角度からリポートする連載「キャデラックCTSセダン日常劇場」。今回の主役は「CTS-V」である。このスーパーセダンでwebCG編集部員が家族とドライブに出掛け、ファミリーカーとしての性能を探る!
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る