2008年モデルの「キャデラックDTS」は装備を上級に

2008.01.21 自動車ニュース

2008年モデルの「キャデラックDTS」は装備を上級に

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは2008年1月18日、キャデラックのフラッグシップサルーン「DTS」の2008年モデルを発表。2月上旬から販売を開始する。

4.6リッターV8+4ATなど、機関面の変更は行われない。2008年モデルでは装備品が改められた。
装備は本国で最上級グレードとなる「プラチナ・エディション」に準ずるもので、日本では「DTS Platinum」と称され、モノグレードで販売される。

フロントグリルはクローム仕上げとされ、新デザインの18インチ7本スポークホイールを採用。スエード調のインテリアは、タスカニーレザーを用いたシートやウッドトリムで飾られ、電動サンルーフも装備される。「Platinum」ロゴの入ったイルミネイテッドドアシルプレートも与えられる。

価格は従来より10.0万円高の885.0万円。

(webCG 本諏訪)


2008年モデルの「キャデラックDTS」は装備を上級にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る