【スペック】全長×全幅×全高=4605×1795×1465mm/ホイールベース=2625mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ インタークーラー付き(320ps/6400rpm、44.0kgm/3200-4000rpm)/価格=593万2500円(テスト車=596万4000円/特別塗装色サテンホワイトパール=3万1500円)

スバル・インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/6MT)【試乗記】

乗ってもプレミアム 2012.02.06 試乗記 スバル・インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/6MT)
……596万4000円

スバルのモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた、“チューンド・インプレッサ”「S206 NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。その仕上がりを富士山ろくの道で吟味した。

人気も値段もハンパじゃない

発売は2011年11月24日。限定トータル300台の注文を2012年の春先まで受け付けるはずだったのに、あっというまに売り切れてしまったのが、「スバル・インプレッサWRX STI 4ドア」の特別仕様、「S206」だ。

とくに今回試乗した“大吟醸100台”の「S206 NBR CHALLENGE PACKAGE(ニュルブルクリンク・チャレンジ・パッケージ)」は、発売を知らせる11月24日付けのプレスリリースに早くも「受注が販売予定台数に達しました」と小さく書かれていた。なんだそりゃ。
ただ、関係者に聞いたところ、こういう場合は「とりあえず販売店が押さえた」というケースが多いので、必ずしもあきらめたものではないらしい。がんばってみてください。

そんなS206は言うまでもなく「WRX STI」の最高峰である。308psのノーマル2リッター水平対向4気筒ターボをさらに磨いて320psとしたほか、ビルシュタイン・ダンパーやSTI製コイルスプリング、BBSの19インチホイール、245/35の「ミシュラン・パイロットスポーツ」、レカロシート、空力パーツなど、S206の専用品、もしくは専用チューニングがふんだんに盛り込まれる。

さらにそれをベースにして、カーボンルーフ、ドライカーボン製リアウイングなどを装備したのが、2011年の「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」クラス優勝を記念したNBR CHALLENGE PACKAGEである。ノーマルのWRX STIは373万8000円だが、S206は540万7500円。NBRは593万2500円になる。


スバル・インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/6MT)【試乗記】の画像
「S206 NBR CHALLENGE PACKAGE」のトランクリッドには、ドライカーボン製の大型スポイラーがそそり立つ。素の「S206」にも、オプションとして取り付け可能。
「S206 NBR CHALLENGE PACKAGE」のトランクリッドには、ドライカーボン製の大型スポイラーがそそり立つ。素の「S206」にも、オプションとして取り付け可能。
専用のステアリングホイールや「S206」のロゴ入りインストゥルメントパネルが与えられるインテリア。シフトレバーの前方にはシリアルナンバー入りのプレートも備わる。なお、「S206」のトランスミッションはMTのみとなる。
専用のステアリングホイールや「S206」のロゴ入りインストゥルメントパネルが与えられるインテリア。シフトレバーの前方にはシリアルナンバー入りのプレートも備わる。なお、「S206」のトランスミッションはMTのみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る