第24回:あのジウジアーロやピニンファリーナも訪問できるゾ!
トリノで「週替わり社会科見学ツアー」発進!

2008.01.19 エッセイ

第24回:あのジウジアーロやピニンファリーナも訪問できるゾ。トリノで「週替わり社会科見学ツアー」発進!

出発場所となるトリノのカステッロ広場(以下、写真はいずれもイメージ)。
第24回:あのジウジアーロやピニンファリーナも訪問できるゾ! トリノで「週替わり社会科見学ツアー」発進!

プロモーション上手なドイツ人と下手なイタリア人

2006年に開館した新しい「メルセデス・ベンツ・ミュージアム」に対抗するように、2007年秋にBMWのブランド体験センター「BMWヴェルト」が本拠地ミュンヘンにオープンした。ドイツ系メーカーのプロモーション戦略には思わず「すげーなー」と声を上げてしまう。

それに対してアルプスのこちら側・イタリアの企業は、なんとも商売下手である。たとえば、あるファッションブランドの博物館は、日本では高校生でも知っているくらい有名だというのに原則予約でしか見せてくれない。
フィアットの工場見学も、いまだ一般の人が円滑に見学できるシステムは確立されていない。
フェラーリ工場に至っては、正規ディーラーで新車を購入したオーナー限定なのは有名である。

まあ、フェラーリの場合そうすることがプレミアム性の演出として納得できるが、フィアットなんかは「見せてナンボだろう!」と思ってしまう。
あのメルセデスだって、午前中にミュージアムの受付でリストに名前を記入するだけで、隣接のウンタートュルクハイム工場を見学できるのだから。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。