フィアット・グループがイタリアの週刊誌ジャック!

2008.01.18 自動車ニュース

フィアット・グループがイタリアの週刊誌ジャック!

広告ページすべてがフィアット・グループという週刊誌が発売された。
これは、イタリアの著名週刊誌「パノラマ」の2008年新年号。総頁数164ページのうち、広告すべてにあたる32頁が「フィアット」「ランチア」「アルファ・ロメオ」などフィアット・グループ各社のものだ。


最もページが多いのはフィアット・ブランドの12ページだが、日頃一般誌にはあまり広告が掲載されないマセラティの広告もある。すでに完売のはずの「アルファ・ロメオ8Cコンペティツィオーネ」もブランドイメージ向上のため見開き展開されている。

またフィアット系重機メーカー「ニューホーランド」による建機やトラクターといった珍しい広告もある。
この「雑誌まるごとジャック」は、攻めに転じた最近のフィアット・グループを象徴するものといえよう。

「パノラマ」誌は発行部数50万3千部を誇る週刊誌。発行しているのはイタリア最大の出版社モンダドーリで、同社はベルルスコーニ前首相の娘が会長を務めている。
前首相自身は編集に関与していないものの、政権時代に危機救済を避けたフィアットに今や広告を大量入稿してもらえるとは、何やら皮肉な巡り合わせである。

なお編集部とフィアットのコラボレーションを象徴するように、表紙は「ランチア・ムーザ」のイメージキャラクターで昨年末からサルコジ仏大統領の恋人として話題のC.ブルーニを起用。第一特集の中でも彼女を採り上げている。

(文=大矢アキオ)

フィアット・グループがイタリアの週刊誌ジャック!の画像

フィアット・グループがイタリアの週刊誌ジャック!の画像

フィアット・グループがイタリアの週刊誌ジャック!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。