横浜ゴム、今春からタイヤ価格をアップ

2008.01.18 自動車ニュース

横浜ゴム、今春からタイヤ価格をアップ

横浜ゴムは2008年1月16日、国内市販用のタイヤについて4月1日から値上げを実施すると発表した。

これは、材料費の価格を反映してのもの。タイヤの原材料である天然ゴムや、合成ゴム、カーボンブラック、各種配合剤といった石油化学系原材料の価格高騰を受けての措置だという。

対象となるのは、乗用車用から建設車両用まで全てのタイヤ製品、チューブ、フラップ。夏用冬用ともに4月1日から値上げされる予定だ。

各製品の平均値上げ率は、以下の通り。

・乗用車用 :5.5%
・小型トラック用 :5.5%
・トラック、バス用 :5.0〜7.0%
・建設車両用 :10.0%
・産業車両用 :8.0〜10.0%
・その他 :7.0%
・チューブ、フラップ:10.0%

(webCG 関)

写真は、ヨコハマのエコタイヤ「DNAデシベル・スーパーE-spec」。
写真は、ヨコハマのエコタイヤ「DNAデシベル・スーパーE-spec」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。