【スペック】全長×全幅×全高=3920×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4 SOHC16バルブ(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)/価格=178万5000円(テスト車=199万5000円)

ホンダ・フィットRS(FF/5MT)【ブリーフテスト】

ホンダ・フィットRS(FF/5MT) 2008.01.18 試乗記 ……199万5000円
総合評価……★★★★
日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008に選ばれ、売れ行き好調とされる人気モデル「ホンダ・フィット」。上級モデル「RS」のMTモデルに試乗した。
ホンダ・フィットRS(FF/5MT)【ブリーフテスト】

どっちつかずの「RS」

「RS」。多くのクルマ好きが、レーシング・スポーツの頭文字だと思うだろう。とくにホンダには、すでにタイプRやタイプSが存在しているわけで、どうしてもそういう発想になりがちだ。
しかし新型「フィット」の1.5リッターが名乗るRSはロード・セイリングの略。誤解を避けるためにカタログや広告にも“ROAD SAILING”の注釈がついている。ハイウェイをゆったりクルーズするモデルというわけだ。

ホンダがこの名称を使うのは初代シビック以来。当時のRSに乗った経験を簡単に記せば、エンジンはフラットトルク、トランスミッションはハイギアードで、たしかに巡航仕様だった。
そんな記憶を思い浮かべながら、フィットRSで東京から富士五湖までを往復した。しかもシリーズ唯一の5段MT仕様。レーシング・スポーツ風味を微妙にまぶしたロード・セイリングか? と期待して走り出したが、結論はどっちつかずの乗り物だった。

フィットは卓越したパッケージングを使いこなすことによろこびを感じるクルマ。つまり1.3リッターのCVTこそ本来の姿だと思った。だからこそRSには、もっと明確な性格づけを望みたい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る