「スズキ・ランディ」がマイナーチェンジし、内外装など変更

2008.01.17 自動車ニュース

「スズキ・ランディ」がマイナーチェンジし、内外装など変更

スズキは2008年1月16日、日産自動車からOEM供給されるミニバン「ランディ」(日産セレナ)をマイナーチェンジして発売した。

2007年12月に行われた「日産セレナ」のマイナーチェンジにともない、「スズキ・ランディ」も一部変更が施された。

インテリア/エクステリアの化粧直しのほか、サイドターンランプ付きドアミラーの装着や、ヘッドレストの大型化などが全車共通の変更点。上級グレード「2.0G」には、旋回方向を照らすアダプティブヘッドランプがオプションに追加された。なお、「セレナ」に用意される「アラウンドビューモニター」はランディでは選ぶことができない。

ボディカラーは新色3色が加わった6色展開。価格は218万9250円から271万6350円となる。

(webCG 本諏訪)


「スズキ・ランディ」がマイナーチェンジし、内外装など変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランディの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る