ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

2012.02.06 自動車ニュース

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年2月6日、7人乗りSUV「XC90」の内外装を変更し、発売した。

エクステリアでは、プロテクションモールディングをボディー同色とし、フルカラーコーディネートを採用。新デザインのフロントバンパーのほか、テールランプに最新のLEDを用い、意匠も新しくなった。インテリアでは、3本スポークの本革巻き/アルミニウム ステアリングホイールや新アルミニウムパネルなどが採用される。
さらにスポーティー仕様の「R-DESIGN」パッケージも変更され、フロントグリルのメッシュ部がグロスブラック仕上げになるほか、専用本革スポーツシート、専用アルミニウムパネル、新デザインのステッチ入りドアインサートなどが採用される。

「XC90」の変更点
エクステリア
・フルカラーコーディネートの採用(フロント/リアバンパー下部、下部ドアモール、サイドシルのボディー同色化)
・新デザインのフロントバンパーバー(シルバーカラー)の標準装備
・ルーフレールのフット部分をシルバーカラーに変更(フルカラールーフレールの採用)
・最新のLED 技術を用いた新デザインのテールランプを採用
・18インチ”Thaila”アルミホイール7.5J×18(マットシルバー仕上げ)を採用
インテリア
・本革巻き/アルミニウム ステアリングホイール(3本スポーク)を採用
・新アルミニウムパネル(サンドシルバー仕上げ)を採用
・テールゲート用レザーストラップの標準装備

「R-DESIGN」パッケージの主な変更点
・専用本革スポーツシートに新デザインを採用
・専用フロントグリルのメッシュ部のグロスブラック仕上げ
・サイドウィンドウトリム(シルクメタル仕上げ)を採用
・専用マットクロームドアミラーカバーの採用
・専用アルミニウムパネルに新デザインを採用
・ステッチ入りドアインサートの新デザインを採用車

なお、「XC90」シリーズは現在「XC90 3.2 AWD SE」だけがラインナップされている。価格は「SE」が654万円、「R-DESIGN」パッケージ装着車は679万円。

(webCG ワタナベ)

「XC90 3.2 AWD SE」
「XC90 3.2 AWD SE」

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像
「 R-DESIGN」パッケージ装着車
「 R-DESIGN」パッケージ装着車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • 第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べる 2015.7.30 特集 新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「ボルボXC60 D4」に試乗。優れた環境性能を強みとするハイブリッドSUV「レクサスNX300h」と乗り比べ、このクルマならではの持ち味を確かめた。
  • ボルボXC60 D4 SE(FF/8AT)/V40 D4 SE(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.23 試乗記 主要5モデルにディーゼルエンジン車を一気に設定し、日本市場に攻勢をかけるボルボ。国内販売の5割以上をディーゼルが占めることになると同社は言うが……。「XC60」と「V40」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る