ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

2012.02.06 自動車ニュース

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年2月6日、7人乗りSUV「XC90」の内外装を変更し、発売した。

エクステリアでは、プロテクションモールディングをボディー同色とし、フルカラーコーディネートを採用。新デザインのフロントバンパーのほか、テールランプに最新のLEDを用い、意匠も新しくなった。インテリアでは、3本スポークの本革巻き/アルミニウム ステアリングホイールや新アルミニウムパネルなどが採用される。
さらにスポーティー仕様の「R-DESIGN」パッケージも変更され、フロントグリルのメッシュ部がグロスブラック仕上げになるほか、専用本革スポーツシート、専用アルミニウムパネル、新デザインのステッチ入りドアインサートなどが採用される。

「XC90」の変更点
エクステリア
・フルカラーコーディネートの採用(フロント/リアバンパー下部、下部ドアモール、サイドシルのボディー同色化)
・新デザインのフロントバンパーバー(シルバーカラー)の標準装備
・ルーフレールのフット部分をシルバーカラーに変更(フルカラールーフレールの採用)
・最新のLED 技術を用いた新デザインのテールランプを採用
・18インチ”Thaila”アルミホイール7.5J×18(マットシルバー仕上げ)を採用
インテリア
・本革巻き/アルミニウム ステアリングホイール(3本スポーク)を採用
・新アルミニウムパネル(サンドシルバー仕上げ)を採用
・テールゲート用レザーストラップの標準装備

「R-DESIGN」パッケージの主な変更点
・専用本革スポーツシートに新デザインを採用
・専用フロントグリルのメッシュ部のグロスブラック仕上げ
・サイドウィンドウトリム(シルクメタル仕上げ)を採用
・専用マットクロームドアミラーカバーの採用
・専用アルミニウムパネルに新デザインを採用
・ステッチ入りドアインサートの新デザインを採用車

なお、「XC90」シリーズは現在「XC90 3.2 AWD SE」だけがラインナップされている。価格は「SE」が654万円、「R-DESIGN」パッケージ装着車は679万円。

(webCG ワタナベ)

「XC90 3.2 AWD SE」
「XC90 3.2 AWD SE」

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像
「 R-DESIGN」パッケージ装着車
「 R-DESIGN」パッケージ装着車
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る