ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

2012.02.06 自動車ニュース

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年2月6日、7人乗りSUV「XC90」の内外装を変更し、発売した。

エクステリアでは、プロテクションモールディングをボディー同色とし、フルカラーコーディネートを採用。新デザインのフロントバンパーのほか、テールランプに最新のLEDを用い、意匠も新しくなった。インテリアでは、3本スポークの本革巻き/アルミニウム ステアリングホイールや新アルミニウムパネルなどが採用される。
さらにスポーティー仕様の「R-DESIGN」パッケージも変更され、フロントグリルのメッシュ部がグロスブラック仕上げになるほか、専用本革スポーツシート、専用アルミニウムパネル、新デザインのステッチ入りドアインサートなどが採用される。

「XC90」の変更点
エクステリア
・フルカラーコーディネートの採用(フロント/リアバンパー下部、下部ドアモール、サイドシルのボディー同色化)
・新デザインのフロントバンパーバー(シルバーカラー)の標準装備
・ルーフレールのフット部分をシルバーカラーに変更(フルカラールーフレールの採用)
・最新のLED 技術を用いた新デザインのテールランプを採用
・18インチ”Thaila”アルミホイール7.5J×18(マットシルバー仕上げ)を採用
インテリア
・本革巻き/アルミニウム ステアリングホイール(3本スポーク)を採用
・新アルミニウムパネル(サンドシルバー仕上げ)を採用
・テールゲート用レザーストラップの標準装備

「R-DESIGN」パッケージの主な変更点
・専用本革スポーツシートに新デザインを採用
・専用フロントグリルのメッシュ部のグロスブラック仕上げ
・サイドウィンドウトリム(シルクメタル仕上げ)を採用
・専用マットクロームドアミラーカバーの採用
・専用アルミニウムパネルに新デザインを採用
・ステッチ入りドアインサートの新デザインを採用車

なお、「XC90」シリーズは現在「XC90 3.2 AWD SE」だけがラインナップされている。価格は「SE」が654万円、「R-DESIGN」パッケージ装着車は679万円。

(webCG ワタナベ)

「XC90 3.2 AWD SE」
「XC90 3.2 AWD SE」

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像
「 R-DESIGN」パッケージ装着車
「 R-DESIGN」パッケージ装着車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
  • 「日産シーマ」がマイナーチェンジ 先進安全装備を搭載 2017.6.15 自動車ニュース 日産自動車は、「シーマ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、前方衝突予測警報や後側方衝突防止支援システムなどの先進安全装備を全グレードで標準装備とした。
ホームへ戻る