日産、クライスラーに「ティーダラティオ」を供給

2008.01.16 自動車ニュース

日産、クライスラーに「ティーダラティオ」を供給

日産自動車は、「ヴァーサセダン」(日本名ティーダラティオ)をベースとしたモデルを2009年から米国のクライスラーにOEM供給することで合意したと、2008年1月11日に発表した。
クライスラーは、同車を南米市場に投入する。

過去、両社間では、2004年に日産の関係会社「ジヤトコ」がクライスラーにトランスミッションを供給した経緯があり、今回の提携はこれに次ぐ契約となる。

クライスラーの副会長兼社長であるトム・ラソーダ氏は、「今回の提携により、設備投資や研究開発費が縮小でき」、さらに「クライスラーが現在参画していないセグメントをカバーできる」とコメント。
いっぽう、日産の副社長であるカルロス・タバレス氏は、「双方にプラスとなった製品交換の成功実績があり、クライスラーと本契約を締結することに満足している」と語った。

両社は、今後更なる製品の供給を検討することでも合意しているという。

(webCG 関)

「日産ティーダラティオ」
「日産ティーダラティオ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
ホームへ戻る