「スバルR2」にボディ×シートカラーをコーディネイトした特別仕様車

2008.01.16 自動車ニュース

「スバルR2」にボディ×シートカラーをコーディネイトした特別仕様車

富士重工業は、「R2」に特別仕様車「Refi Bitter selection(レフィ ビター セレクション)」を設定し、2008年1月16日に発売した。

「Refi Bitter selection」は、R2の「Refi」をベースに、専用クールシルバー色加飾インストルメントパネルに、ボディ色とコーディネートした専用シート表皮を採用した。
装備は、「ウェルカムサウンド機能」や、6枚のCDをオーディオに録音できる「6CDメモリーチャージャー機能」が備わるミュージックCDサーバー&ウェルカムサウンドオーディオや、花粉対応フィルター付きのオートエアコン、クリアタイプのサイドターンランプが標準で備わる。

ボディ色とシート表皮色の組み合わせは3つ。専用ボディ色には「モカブロンズ・パールメタリック」が設定され、赤いシート表皮が組み合わされる。その他の組み合わせは、ベリールージュ・パール×ピンク、オブシディアンブラック・パール×タン。

価格は、FFが97万6500円、4WDは108万5700円となる。

(webCG ワタナベ)

専用色の「モカブロンズ・パールメタリック」
専用色の「モカブロンズ・パールメタリック」
ボディ色「モカブロンズ・パールメタリック」に組み合わされるシート表皮:レッド。
ボディ色「モカブロンズ・パールメタリック」に組み合わされるシート表皮:レッド。
上:ベリールージュ・パール×ピンク
下:オブシディアンブラック・パール×タン
上:ベリールージュ・パール×ピンク
下:オブシディアンブラック・パール×タン

関連キーワード:
R2スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR1(CVT/4WD)【試乗速報】 2005.1.21 試乗記 スバルR1(CVT/4WD)
    ……150万450円

    テレビCMでは、「てんとう虫」のスピリットを受け継ぐことを強調している「R1」。「小さいこと」を利点とするクルマ作りは、現代でも可能なのか。『NAVI』編集委員鈴木真人の速報インプレッション。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバル、新型「プレオ プラス」を発売 2017.5.9 自動車ニュース スバルは2017年5月9日、新型「プレオ プラス」を発売した。兄弟車の「ダイハツ・ミラ イース」と足並みをそろえて安全性能を強化したほか、使い勝手や走行性能、燃費性能などを改善した。車両価格は89万6400~135万円。
ホームへ戻る