「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞

2008.01.16 自動車ニュース

「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞

2008年1月14日、米ミシガン州デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)において、「ノース・アメリカン・トラック・オブ・ザ・イヤー」を、「マツダCX-9」が受賞した。

「ノース・アメリカン・トラック・オブ・ザ・イヤー」は、北米でもっとも価値のあるトラック/SUVに贈られるもの。2008年モデルを対象に、米国およびカナダの自動車ジャーナリスト45人が、デザインや安全性、ハンドリング、ドライバー満足度、コストパフォーマンスなどの項目を審査し、選出される。

「CX-9」は、北米に特化して開発され、2007年1月にデビュー。7人乗りSUVに求められる実用性とスポーティなドライビングフィールをねらったクルマで、現在はオーストラリア、サウジアラビアなどでも販売される。

日本車の同賞受賞は2006年の「ホンダ・リッジライン」以来2年ぶり。なお、マツダ車の受賞は今回が初となる。

(webCG 本諏訪)

 
「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開 2017.7.25 自動車ニュース マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 【オートモビル カウンシル2017】ボルボ、90周年を祝うワゴンの限定車を発売 2017.8.4 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月4日、自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」(会期:2017年8月4~6日)の会場で、限定車「V90 90th Anniversary Edition」を発表した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る