「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞

2008.01.16 自動車ニュース

「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞

2008年1月14日、米ミシガン州デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)において、「ノース・アメリカン・トラック・オブ・ザ・イヤー」を、「マツダCX-9」が受賞した。

「ノース・アメリカン・トラック・オブ・ザ・イヤー」は、北米でもっとも価値のあるトラック/SUVに贈られるもの。2008年モデルを対象に、米国およびカナダの自動車ジャーナリスト45人が、デザインや安全性、ハンドリング、ドライバー満足度、コストパフォーマンスなどの項目を審査し、選出される。

「CX-9」は、北米に特化して開発され、2007年1月にデビュー。7人乗りSUVに求められる実用性とスポーティなドライビングフィールをねらったクルマで、現在はオーストラリア、サウジアラビアなどでも販売される。

日本車の同賞受賞は2006年の「ホンダ・リッジライン」以来2年ぶり。なお、マツダ車の受賞は今回が初となる。

(webCG 本諏訪)

 
「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 「レクサスLS500h」日本国内で初公開 2017.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月26日、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の新型を、国内で初披露した。同年秋以降にハイブリッド車の「LS500h」が発売され、その後に、ガソリン車の「LS500」がデビューする見込み。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • 「レクサスCT」がマイナーチェンジ 内外装をリファイン 2017.6.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月15日、マイナーチェンジしたコンパクトハッチバック「レクサスCT」のデザインを世界初公開した。日本での発売は、2017年秋頃となる予定。
ホームへ戻る