「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞

2008.01.16 自動車ニュース

「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞

2008年1月14日、米ミシガン州デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)において、「ノース・アメリカン・トラック・オブ・ザ・イヤー」を、「マツダCX-9」が受賞した。

「ノース・アメリカン・トラック・オブ・ザ・イヤー」は、北米でもっとも価値のあるトラック/SUVに贈られるもの。2008年モデルを対象に、米国およびカナダの自動車ジャーナリスト45人が、デザインや安全性、ハンドリング、ドライバー満足度、コストパフォーマンスなどの項目を審査し、選出される。

「CX-9」は、北米に特化して開発され、2007年1月にデビュー。7人乗りSUVに求められる実用性とスポーティなドライビングフィールをねらったクルマで、現在はオーストラリア、サウジアラビアなどでも販売される。

日本車の同賞受賞は2006年の「ホンダ・リッジライン」以来2年ぶり。なお、マツダ車の受賞は今回が初となる。

(webCG 本諏訪)

 
「マツダCX-9」が北米トラックオブザイヤーを受賞の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-9の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • マツダ、3列シートの新型CX-9を世界初公開【LAショー2015】 2015.11.19 自動車ニュース マツダがロサンゼルスオートショーにおいて3列シート車の新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmのミドルサイズクロスオーバーモデルであり、エンジンには新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が採用される。発売は2016年春より、北米を皮切りに開始される予定。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
ホームへ戻る