マツダMPVがマイチェン 上質感アップ狙う

2008.01.16 自動車ニュース

マツダMPVがマイチェン 上質感アップ狙う

マツダが、3列シートミニバン「MPV」をマイナーチェンジし、2008年1月15日にニューモデルの販売を開始した。

■NAのFFモデルが5段ATに

2006年2月の現行モデル登場から約2年。今回のマイナーチェンジでは、内外装のリフレッシュを中心に、トランスミッションやサスペンションなど機関面にもメスが入れられた。

外観はフロントグリルやバンパーまわりの意匠が変更されたほか、クロームパーツの使用部位がこれまでより拡大した。フロントバンパーの上下に位置するふたつのグリルが一体感のあるデザインとなり、ダイナミックに生まれ変わった印象だ。また、リアコンビランプやホイール(18インチ)も新たにデザインされている。

インテリアについては、加飾パネルやメッキパーツを多用することで質感向上が図られた。また、2列目のスーパーリラックスシートの前後スライド量が拡大。後方に80mm長くスライドできるようになったことで、アレンジの自由度がアップした。松下電工との共同開発となる、「nanoeイオン」を発生する空気清浄システムを採用するなど、実用・快適性も高められた。

メカニズム面の目玉は、2.3リッターNAエンジン車(2WD仕様)のオートマチックが4段から5段に増えたこと。これにより加速性能と高速走行時の燃費向上が図られた。また足まわりのファインチューンにより、操縦安定性や乗り心地も向上したという。

価格は、250万円から360万円まで。月間販売台数は1200台の予定。

(webCG 曽宮)


マツダMPVがマイチェン 上質感アップ狙うの画像

マツダMPVがマイチェン 上質感アップ狙うの画像

マツダMPVがマイチェン 上質感アップ狙うの画像

マツダMPVがマイチェン 上質感アップ狙うの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • 「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」にアウトドアや家族旅行に最適な限定車登場 2017.6.15 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月15日、コンパクトSUV「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に特別仕様車「7 JOURNEY SPECIAL EDITION(7ジャーニースペシャルエディション)」を設定し、96台の台数限定で受注を開始した。価格は649万円。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る