驚愕! 地下鉄トンネルを走る新型「フィアット500」登場

2008.01.16 自動車ニュース

驚愕! 地下鉄トンネルを走る新型「フィアット500」登場

独ベルリンでは、地下鉄線路を走る新型「フィアット500」がお目見えした。といっても、最近日本でローカル線に導入されている軌陸車ではない。2008年の年頭から独ベルリンのUバーン(地下鉄)で展開されている、フィアットの奇抜なプロモーションである。

同地で2008年1月28日に行なわれる「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」のセレモニーで、新型500が2007年イヤーカーとして表彰されるのに合わせたものだ。特製貨車に載せられた2台の500が、機関車に引かれてトンネル内を走る。

500はいずれも、特殊なパール塗装が施されている。2台の間には、「Happy new car of the year eveybody」と書かれた立て看板も備えられている。
ベルリン地下鉄にとっても、こうした形で自動車メーカーに線路を“開放”するのは初の試みである。

2008年1月27日までの毎週末、合計145km区間を走りまわる。区間内には170駅あり、フィアットは週末の地下鉄利用客180万人の目に触れることを目論んでいる。
ドイツで新型500は、10月末の発売開始以来、すでに5千台超の受注を抱えている。ちなみにフィアットは1970年代初頭、大衆車「126」の広告でコンパクトさを強調するためレールの間を走らせたことがある。だが今回は500である。「ルパン3世」はヨーロッパでも人気だ。

ルパンが元祖500で線路上をガタガタ走るシーンに感動したニッポン・アニメファンの発案? と想像してしまうのは筆者だけだろうか。

(文=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA/写真=Fiat Group Automobiles)

ベルリン地下鉄ドイッチェ・オパー駅で。
ベルリン地下鉄ドイッチェ・オパー駅で。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る