驚愕! 地下鉄トンネルを走る新型「フィアット500」登場

2008.01.16 自動車ニュース

驚愕! 地下鉄トンネルを走る新型「フィアット500」登場

独ベルリンでは、地下鉄線路を走る新型「フィアット500」がお目見えした。といっても、最近日本でローカル線に導入されている軌陸車ではない。2008年の年頭から独ベルリンのUバーン(地下鉄)で展開されている、フィアットの奇抜なプロモーションである。

同地で2008年1月28日に行なわれる「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」のセレモニーで、新型500が2007年イヤーカーとして表彰されるのに合わせたものだ。特製貨車に載せられた2台の500が、機関車に引かれてトンネル内を走る。

500はいずれも、特殊なパール塗装が施されている。2台の間には、「Happy new car of the year eveybody」と書かれた立て看板も備えられている。
ベルリン地下鉄にとっても、こうした形で自動車メーカーに線路を“開放”するのは初の試みである。

2008年1月27日までの毎週末、合計145km区間を走りまわる。区間内には170駅あり、フィアットは週末の地下鉄利用客180万人の目に触れることを目論んでいる。
ドイツで新型500は、10月末の発売開始以来、すでに5千台超の受注を抱えている。ちなみにフィアットは1970年代初頭、大衆車「126」の広告でコンパクトさを強調するためレールの間を走らせたことがある。だが今回は500である。「ルパン3世」はヨーロッパでも人気だ。

ルパンが元祖500で線路上をガタガタ走るシーンに感動したニッポン・アニメファンの発案? と想像してしまうのは筆者だけだろうか。

(文=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA/写真=Fiat Group Automobiles)

ベルリン地下鉄ドイッチェ・オパー駅で。
ベルリン地下鉄ドイッチェ・オパー駅で。

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
ホームへ戻る