【スペック】全長×全幅×全高=4635×1730×1425mm/ホイールベース=2670mm/車重=1480kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(260ps/6000rpm、35.0kgm/2000rpm)/価格=413万7000円(テスト車=458万8500円)

スバル・レガシィB4 tuned by STI(4WD/5AT)【ブリーフテスト】

スバル・レガシィB4 tuned by STI(4WD/5AT) 2008.01.16 試乗記 ……458万8500円
総合評価……★★★★★

スペシャルパーツで内外を飾ったレガシィB4が、2007年8月に発売された。マニア垂涎、「tuned by STI」の魅力に迫る。

スバル・レガシィB4 tuned by STI (4WD/5AT)【ブリーフテスト】

スポーツセダンのお手本

「4ドアセダンの形をしたスポーツカー」である。WRCをインプレッサに譲って高見の見物と、余裕で暮らせる立場を確保したせいか、サイズや重量のゆとりは快適性に活かされている感じがする。
その上でやはり血筋は争えず、一旦スポーティに走りたいという意思さえ表明すれば、即座に高性能ぶりを引き出せる。専用カラーはやや派手ではあるが、落ちついた4ドアセダンとして普段は日常生活を無難にこなし、一人になってドライビングを楽しみたい時には狼にも変身する、そんなスポーツセダンのお手本のようなクルマだ。

価格も400万円台と内容のわりには高額を出資する必要もなく、タフな造りは耐久性にも通じるから、長期の付き合いも予想されるところだ。ということはお買い得なクルマであるといえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る