「トヨタ・ハリアー」シリーズにアルカンターラ仕様車登場

2008.01.15 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」シリーズにアルカンターラ仕様車登場

トヨタ自動車は、ミドルクラスSUV「ハリアー」に特別仕様車を設定。2008年1月10日に発売した。

ベースとなるのは、電動シートなどを備える「Lパッケージ」グレード。2.4リッター、3.5リッター、さらにハイブリッドそれぞれのモデルに、シート表皮に人工皮革「アルカンターラ」をあしらった「ALCANTARA Prime Version」を設定した。

車検証入れにもアルカンターラが奢られる同車は、「LEDハイマウントストップランプ付リヤスポイラー」「HDDナビゲーションシステム」を標準装備。特別色として、ライトブルーマイカメタリックのボディカラーが選べる。

価格は、331万8000円(ハリアー240G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version)から488万2500円(ハリアーハイブリッド Lパッケージ ALCANTARA Prime Version)まで。
ベースモデルとの価格差は、「ハリアー」が各51万4500円、「ハリアーハイブリッド」が47万2500円となっている。

(webCG 関)

ハリアー350G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version
ハリアー350G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る