「トヨタ・ハリアー」シリーズにアルカンターラ仕様車登場

2008.01.15 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」シリーズにアルカンターラ仕様車登場

トヨタ自動車は、ミドルクラスSUV「ハリアー」に特別仕様車を設定。2008年1月10日に発売した。

ベースとなるのは、電動シートなどを備える「Lパッケージ」グレード。2.4リッター、3.5リッター、さらにハイブリッドそれぞれのモデルに、シート表皮に人工皮革「アルカンターラ」をあしらった「ALCANTARA Prime Version」を設定した。

車検証入れにもアルカンターラが奢られる同車は、「LEDハイマウントストップランプ付リヤスポイラー」「HDDナビゲーションシステム」を標準装備。特別色として、ライトブルーマイカメタリックのボディカラーが選べる。

価格は、331万8000円(ハリアー240G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version)から488万2500円(ハリアーハイブリッド Lパッケージ ALCANTARA Prime Version)まで。
ベースモデルとの価格差は、「ハリアー」が各51万4500円、「ハリアーハイブリッド」が47万2500円となっている。

(webCG 関)

ハリアー350G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version
ハリアー350G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version

関連キーワード:
ハリアートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記