「トヨタ・ハリアー」シリーズにアルカンターラ仕様車登場

2008.01.15 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」シリーズにアルカンターラ仕様車登場

トヨタ自動車は、ミドルクラスSUV「ハリアー」に特別仕様車を設定。2008年1月10日に発売した。

ベースとなるのは、電動シートなどを備える「Lパッケージ」グレード。2.4リッター、3.5リッター、さらにハイブリッドそれぞれのモデルに、シート表皮に人工皮革「アルカンターラ」をあしらった「ALCANTARA Prime Version」を設定した。

車検証入れにもアルカンターラが奢られる同車は、「LEDハイマウントストップランプ付リヤスポイラー」「HDDナビゲーションシステム」を標準装備。特別色として、ライトブルーマイカメタリックのボディカラーが選べる。

価格は、331万8000円(ハリアー240G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version)から488万2500円(ハリアーハイブリッド Lパッケージ ALCANTARA Prime Version)まで。
ベースモデルとの価格差は、「ハリアー」が各51万4500円、「ハリアーハイブリッド」が47万2500円となっている。

(webCG 関)

ハリアー350G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version
ハリアー350G Lパッケージ ALCANTARA Prime Version

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る