「ダイハツ・ビーゴ」にアルカンターラシートの特別仕様車

2008.01.15 自動車ニュース

「ダイハツ・ビーゴ」にアルカンターラシートの特別仕様車

ダイハツ工業は、コンパクトSUV「ビーゴ」に小変更を施すとともに、特別仕様車「CX-Limited」を設定。2008年1月11日に発売した。

新たに、「パーキングブレーキ戻し忘れ防止ブザー」を採用。ボディカラーに「ブリティッシュグリーンマイカ」とオプション扱いになる「パールホワイト3」の2色を新設した。
価格は、159万6000円(FR)から201万6000円(4WD)まで。

同時に、「CX」ベースの特別仕様車「CX-Limited」を発売した。ディスチャージヘッドランプや専用16インチアルミホイール、本革ステアリングホイール&シフトノブ、アルカンターラシート表皮などを備え、価格はベースモデルより11万5500円のアップ。

なお、OEM供給による兄弟車「トヨタ・ラッシュ」にも、今回同様の変更が実施された。

(webCG 関)

「ダイハツ・ビーゴ CX-Limited」
「ダイハツ・ビーゴ CX-Limited」

関連キーワード:
ビーゴダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ビーゴCX(FR/4AT)/トヨタ・ラッシュX(4WD/4AT)【試乗速報】 2006.2.2 試乗記 ダイハツ・ビーゴCX(FR/4AT)/トヨタ・ラッシュX(4WD/4AT)
    ……224万7000円/223万9650円

    トヨタとダイハツの共同開発となるコンパクトSUV「ラッシュ/ビーゴ」がデビューした。既存モデルが巨大化していく中、扱いやすいサイズで高い視点がウリとなるモデルに試乗した。


  • トヨタ・ラッシュG(4WD/5MT)【ブリーフテスト】 2006.3.30 試乗記 ……245万1750円
    総合評価……★★★

    高めのアイポイントに哀川翔も叫ぶ街乗りヨンク「トヨタ・ラッシュ」。エンジン縦置き、機械式4WDと中身は正統派ライトクロカン。でも乗ってみると意外と……。


  • トヨタ・ラッシュX (4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2006.4.20 試乗記 ……223万9650円
    総合評価……★★★

    ライトクロカンとしてのポテンシャルを秘めた「トヨタ・ラッシュ」。CMのとおり見晴らしは抜群、車内も広い。ではその弱点というと……。


  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る