光岡ガリューが仕様変更で装備充実

2008.01.15 自動車ニュース

光岡ガリューが仕様変更で装備充実

光岡自動車は、同社のフラッグシップモデル「ガリュー」の仕様変更を行い、2008年1月10日に新型の販売を開始した。

■エンジンが最新のVQ-HR型に

ガリューは、日産フーガをベースに作られる光岡自動車の最上級セダン。今回の仕様変更では、ベースのフーガが2007年12月にマイナーチェンジしたため、それに伴いエンジンや装備、ボディ色などが一部変更を受けた。

主な変更点は、リアバンパーの意匠変更、高出力化と低燃費の両立が図られた新エンジン(VQ35HR、VQ25HR)の搭載、新デザインの18インチアルミホイール採用など。VQ35HR搭載の「350LX」と「350LX 4WD」は、最高出力313ps、最大トルク36.5kgmを発生。VQ25HR搭載の250LXは最高出力223ps、最大トルク26.8kgmを生み出す。

装備面では、HDD式のナビゲーションシステム、運転席・助手席SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグ(350LXに標準)、助手席パワーオットマン(350LXに標準)が標準採用となり、安全・快適性が高められた。

価格は、従来比で18万9000円〜24万1500円高、250LXが516万6000円、350LXは588万円、350LX 4WDは585万9000円に設定された。

(webCG 曽宮)


光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

関連キーワード:
ガリューミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ミツオカ・ガリュー クラシック」、発売 2010.3.2 自動車ニュース 光岡自動車は2010年3月2日、新型車「我流 Classic(ガリュー クラシック)」を発表。翌3日に発売する。
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
  • トライアンフ・タイガー800XCA(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.16 試乗記 ユニークな3気筒エンジンを搭載したトライアンフのアドベンチャーモデル「タイガー800」。そのなかでも、最もオフロード向けのキャラクターを持つのが最上級グレードの「XCA」だ。21インチスポークホイールに秘められた、ヤル気の片りんに触れた。
  • 第94回:依存症が止まらない 2018.6.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第94回は「依存症が止まらない」。“もうすぐおじいちゃん”を自認する筆者が、「コレなしでは生きていけない」と言い切る生活必需品とは? 食べ物からクルマまで、ムリなく前進するためのこだわり生活を解剖する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る