第137回:キーワードは“クルミ” トーヨータイヤの最新スタッドレスを体験

2012.02.07 エッセイ

第137回:キーワードは“クルミ”トーヨータイヤの最新スタッドレスを体験

トーヨータイヤのスタッドレス試走会が、北海道の東洋ゴムサロマテストコースで開かれた。ミニバン専用と普通車用、2種類のタイヤをテスト。それぞれの走りに違いはあった?


第137回:トーヨータイヤの最新スタットレスを体験
トーヨーのスタッドレスといえばクルミ。実際には粉末が使われている。
第137回:トーヨータイヤの最新スタットレスを体験
「ウィンタートランパスMK4α」(左手前)と「ガリットG5」(右奥)。
第137回:トーヨータイヤの最新スタットレスを体験

クルミを選んだ理由

「トーヨータイヤのスタッドレスといえばクルミ」

これは、タイヤにちょっとでも興味のある人にとっては、もはや常識ともいえることだ。
でも、なんでクルミなのか?

本当はクルミじゃなくてもいいんだけれど、なんとなくキャッチーだからクルミを選んだんじゃないの? 正直、私はそんな風に思わないでもなかった。けれども、今回トーヨータイヤの試走会に参加して、技術者に話を聞いて「ほほー、そうだったんだ!」と深く納得することができた。せっかくなので、この思いをみなさんと共有したい。

そもそもスタッドレスタイヤが世の中に登場したのは、鉄製のピンを埋め込んだスパイクタイヤが粉じん公害を巻き起こし、これを防ぐために使用を禁止されたのがきっかけだった。雪のないアスファルト路をスパイクタイヤで走ると、アスファルトより硬い鉄製のピンがアスファルトを削り取り、ここで舞い上がったアスファルトの粉じんが健康被害を引き起こす。だからスパイクタイヤは禁止され、それに代わるスタッドレスタイヤが誕生したのである。

とはいえ、単純に鉄製のピンを抜いただけではタイヤが雪や氷をひっかくことができず、十分なグリップ力を得られない。そこでトーヨーの技術者がさまざまな素材を試した末にたどり着いた答えがクルミ(正確にはクルミの殻を粉々に砕いた粉)だったのである。

なぜ、クルミだったのか? その1番目の理由は、雪や氷よりも硬く、アスファルトよりは柔らかいことにある。おかげで氷をひっかく効果は得られるが、アスファルトを削り取ることがないので粉じん公害を引き起こさない。

第137回:トーヨータイヤの最新スタットレスを体験

クルミがいい2番目の理由は、天然素材であること。たとえクルミがアスファルトを削り取らなくても、タイヤに配合されたクルミはその摩耗に伴い、いつかは空中に巻き散らされる。けれども、もともと天然素材のクルミは、いつかは土に帰っていく。万一、体内に取り込んでしまったとしても、アスファルトや鉄よりは健康に悪影響がなさそうな気もする。

というわけで、クルミはスタッドレスタイヤにひっかき効果をもたらすのに最適な素材であると、トーヨータイヤの技術者は結論づけたのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ