「日産フェアレディZ」にボディカラー追加、期間限定色も

2008.01.15 自動車ニュース

「日産フェアレディZ」にボディカラー追加、期間限定色も

日産自動車は2008年1月10日、「フェアレディZ」のボディカラーに新色を追加して発売した。

追加されたボディカラーは、2008年のイヤーカラーとなる「プレミアムブレーズレッド」。カラークリア塗装を施し、彩度の高い赤を表現したという。
また同時に、2008年3月31日までの期間限定色として、特別仕様車で好評だった「プレミアムサンシャインイエロー」と「プレミアムミスティックマルーン」の2色を復刻した。

上記3色を2008年3月31日までにオーダーすると、エンジンフード部と同じ素材のアルミ板にボディカラーの塗装が施され、シート生地と同一のストラップが付いた、オリジナルキーホルダーが贈呈されるキャンペーンも行われる。こちらは各色100台分までの限定生産品。

なお、いずれのカラーにも13万6500円の特別塗装色料金がかかる。

(webCG 本諏訪)

プレミアムブレーズレッド
プレミアムブレーズレッド
プレミアムサンシャインイエロー
プレミアムサンシャインイエロー
プレミアムミスティックマルーン
プレミアムミスティックマルーン

関連キーワード:
フェアレディZ日産フェアレディZ・ロードスター自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • 「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売 2014.7.23 自動車ニュース ニスモのスペシャルモデル「フェアレディZ NISMO」のデザインが変更される。
  • 新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!? 2007.3.16 自動車ニュース 2007年4月のニューヨークショーで、スカイライン「G37スポーツクーペ」がデビュー。そこから見えてくる新型「GTR」の姿とは? アメリカからのリポート。
  • 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2009.8.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)
    ……527万8350円

    新型「フェアレディZ」に、ド派手なエアロで武装したスペシャルバージョンが登場。日産のモータースポーツ部門「NISMO」の名を冠するニューモデルの走りや、いかに?
ホームへ戻る