「日産フェアレディZ」にボディカラー追加、期間限定色も

2008.01.15 自動車ニュース

「日産フェアレディZ」にボディカラー追加、期間限定色も

日産自動車は2008年1月10日、「フェアレディZ」のボディカラーに新色を追加して発売した。

追加されたボディカラーは、2008年のイヤーカラーとなる「プレミアムブレーズレッド」。カラークリア塗装を施し、彩度の高い赤を表現したという。
また同時に、2008年3月31日までの期間限定色として、特別仕様車で好評だった「プレミアムサンシャインイエロー」と「プレミアムミスティックマルーン」の2色を復刻した。

上記3色を2008年3月31日までにオーダーすると、エンジンフード部と同じ素材のアルミ板にボディカラーの塗装が施され、シート生地と同一のストラップが付いた、オリジナルキーホルダーが贈呈されるキャンペーンも行われる。こちらは各色100台分までの限定生産品。

なお、いずれのカラーにも13万6500円の特別塗装色料金がかかる。

(webCG 本諏訪)

プレミアムブレーズレッド
プレミアムブレーズレッド
プレミアムサンシャインイエロー
プレミアムサンシャインイエロー
プレミアムミスティックマルーン
プレミアムミスティックマルーン

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る