「日産フェアレディZ」にボディカラー追加、期間限定色も

2008.01.15 自動車ニュース

「日産フェアレディZ」にボディカラー追加、期間限定色も

日産自動車は2008年1月10日、「フェアレディZ」のボディカラーに新色を追加して発売した。

追加されたボディカラーは、2008年のイヤーカラーとなる「プレミアムブレーズレッド」。カラークリア塗装を施し、彩度の高い赤を表現したという。
また同時に、2008年3月31日までの期間限定色として、特別仕様車で好評だった「プレミアムサンシャインイエロー」と「プレミアムミスティックマルーン」の2色を復刻した。

上記3色を2008年3月31日までにオーダーすると、エンジンフード部と同じ素材のアルミ板にボディカラーの塗装が施され、シート生地と同一のストラップが付いた、オリジナルキーホルダーが贈呈されるキャンペーンも行われる。こちらは各色100台分までの限定生産品。

なお、いずれのカラーにも13万6500円の特別塗装色料金がかかる。

(webCG 本諏訪)

プレミアムブレーズレッド
プレミアムブレーズレッド
プレミアムサンシャインイエロー
プレミアムサンシャインイエロー
プレミアムミスティックマルーン
プレミアムミスティックマルーン

関連キーワード:
フェアレディZ日産フェアレディZ・ロードスター自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る