【スペック】全長×全幅×全高=4210×1760×1630mm/ホイールベース=2600mm/車重= 1320kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(136ps/6000rpm、17.8kgm/4400rpm)/価格=195.0万円(写真は1.8S“AEROTOURER”)

トヨタ・カローラルミオン1.8S(FF/CVT)【試乗記】

親孝行なストリートボーイ 2008.01.14 試乗記 トヨタ・カローラルミオン1.8S(FF/CVT)
……195.0万円(車両本体価格)

基本のコンセプトは「Relax in Style(リラックス イン スタイル)」。シンプルな箱型デザインと、ゆとりある居住空間が持ち味の新たなカローラシリーズに試乗した。

『NAVI』2007年12月号から転載。
1.8リッターには、4DWモデル(129ps/16.9kgm)も用意される。
トヨタ・カローラルミオン1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)【短評】

カローラファミリーに

10月9日にデビューしたトヨタ・カローラルミオンの場合、名は体を表さない。プラットフォームはカローラのものではなく、オーリス/ブレイド/RAV4と共通……、というウンチクを書き連ねるスペースはないので、早速乗り込んでみましょう。

オーリスより10cm以上高い1630mmの車高のおかげで、乗り降りはらくらく。インテリアを見渡せば、センターに配置される4連メーターがちょっとイイ感じのアクセント。たっぷりとしたサイズのシートはなかなか掛け心地がいいものの、後にコーナリング時のサポート不足が判明。

エンジンラインナップは1.5リッター(110ps/14.3kgm)と1.8リッター(136ps/17.8kgm)の2種。ともにCVTとの組合せで、1.8リッターモデルには7速シーケンシャルシフトが備わる。1.5リッターとはいえパワーは十分、市街地でも高速でも滑らか&活発。ただし高速巡航でややうるさいから、静粛性を求めるなら1.8リッターか。乗り心地もまったりしなやかで、走っていて気に障るところがないトヨタ伝統の味。スクエアな形状の荷室は使いやすく、後席も広々。bB的スタイリングからゲテモノ版カローラかと思いきや、根はマジメ。乗降性に優れることからも、意外と年配の方にマッチするかも。

(文と写真=サトータケシ/『NAVI』2007年12月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ ルミオンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る