ニスモが新しいカラーリングを発表【東京オートサロン08】

2008.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン08】ニスモが新しいカラーリングを発表

日産車のチューニングやモータースポーツ活動を担うニスモは、2008年1月11日の東京オートサロンプレスデイで、2008年から使用される新しいワークスカラーリングの発表を行った。

■好評なブラッシュストロークが進化

ニスモのカラーといえば、レッドとシルバーが絡み合った、通称「ブラッシュストローク」デザインがおなじみ。このカラーリングは2002年から用いられたもので、全日本GT選手権(2005年よりSUPER GT)参戦車両をはじめ、アフターマーケットパーツやグッズなどにも採用された。

2008年シーズンからニスモはSUPER GTに「日産GT-R」で参戦を決定。このタイミングでカラーリングが改められることが発表された。

お披露目されたカラーリングは、まったく新しいものではなく、従来のブラッシュストロークのマイナーチェンジ版ともいえる変化。
カラーリングデザインをまとめた、日産自動車の松尾勉アソシエートチーフデザイナーに話を伺うと、「50ほどあったデザイン案のほとんどは、従来と劇的に違うものが多かったのですが、ファンにも好評なブラッシュストロークをあえてかえることもないということで、進化させる方向でまとめました」ということだった。

■視認性だけでなく、機能性も備える

「日産であること、GT-Rであること」を意識したというカラーリングは、正面から見るとレッド、サイドのブラッシュストロークを経て、後ろ姿はブラックというシンプルなもの。従来はのシルバーは「フェアレディZのテクノロジー」をイメージするものだったそうだが、今回は「GT-Rのハイパフォーマンス」を示すブラックに改められたところが新しい。ブラックになったことで、GT-Rの特徴でもあるテールランプの丸目4灯も目立つ。

さらに熱対策として、ルーフに光を反射しやすいミラーフィルムを採用。これにより、社内温度は5度ほど下がるといい、ドライバーの負担を減らす役割も持つカラーリングとなった。
なおニスモは2台のマシンを投入するが、両車はドアミラー(黒と赤)、ヘッドランプ(透明と青)で判別が可能。

従来デザインが好評な理由は、2003年(スカイラインGT-R)、2004年(フェアレディZ)でのGT選手権優勝で、“勝者の証”的なイメージがついたのかもしれない。
トークショーの最後に、ニスモチームの飯嶋嘉隆監督は、「チャンピオンを目指すというより、今年は必ず取るというお約束をします」と、新しいカラーリングをまとっての勝利を誓った。3年間遠ざかったシリーズチャンピオンを獲得し、“新”ブラッシュストロークが勝者の証になるか注目である。

(webCG 本諏訪)


ニスモが新しいカラーリングを発表【東京オートサロン08】の画像
発表会で行われたトークショーには、日産自動車の松尾勉アソシエートチーフデザイナー(左)とニスモチームの飯嶋嘉隆監督(右)が出席。「とにかくカッコよくしてくれ」という飯嶋監督のオーダーに応えたデザインに仕上がったという。
発表会で行われたトークショーには、日産自動車の松尾勉アソシエートチーフデザイナー(左)とニスモチームの飯嶋嘉隆監督(右)が出席。「とにかくカッコよくしてくれ」という飯嶋監督のオーダーに応えたデザインに仕上がったという。
サイドビューをよく眺めると、後部がガンメタからブラックにグラデーションされていることがわかる。松尾チーフデザイナーは「こういったショーやイベントなどで、ぜひマシンを間近で見てほしい。また違った発見があると思います」という。
サイドビューをよく眺めると、後部がガンメタからブラックにグラデーションされていることがわかる。松尾チーフデザイナーは「こういったショーやイベントなどで、ぜひマシンを間近で見てほしい。また違った発見があると思います」という。

ニスモが新しいカラーリングを発表【東京オートサロン08】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 2015ワークスチューニンググループ合同試乗会(NISMO編)【試乗記】 2015.7.28 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。モータースポーツ活動で培ってきた各社の経験は、市販モデルの性能向上にどう生かされているのか? 今回はNISMOの3車種をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-R Premium edition(4WD/6AT)【試乗記】 2014.1.21 試乗記 進化し続ける「R35 GT-R」。日産によれば、2014年モデルは「新たな幕開けと呼ぶにふさわしい進化を遂げた」という。その言葉の意味を確かめるために、箱根に向かった。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る