【スペック】全長×全幅×全高=4530×1860×1950mm/ホイールベース=2850mm/車重=2500kg/駆動方式=4WD/5.5リッターV8SOHC24バルブ(500ps/6100rpm、71.4kgm/2750-4000rpm)/価格=1650.0万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)【試乗記】

古い建物にモダンなオフィス 2008.01.11 試乗記 メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)
……1650.0万円

根強い人気で、「GLクラス」登場後も継続販売される、スクエアボディの「Gクラス」。25年以上のロングセラーである、このクルマの魅力を探る。

1979年生まれのロングセラー

“ゲレンデヴァーゲン”こと「メルセデス・ベンツGクラス」は、メルセデスとオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイア)が7年の歳月をかけて共同開発し、1979年に発売した正統派オフロード・ヴィークル。以来、シュタイアの工場では19万台を超えるGクラスが生産され、いまだに根強い人気を誇っているのはご存じのとおり。

このGクラスには、4ドアのロングボディのほか、2ドアのショートホイールベース版やカブリオレが存在する。現在日本で販売されているのはロングのみで、「G500ロング」と「G55 AMGロング」のふたつがラインナップされている。

このうち今回試乗したのは後者のほうで、ノーズに収まるエンジンは、「SL55」などでおなじみのスーパーチャージャー付5.5リッターV8。SL55にくらべて少し控えめとはいえ、最高出力500ps/6100rpm、最大トルク71.4kgm/2750-4000rpmの性能は圧倒的だ。

自動車ジャーナリストの生方聡。
自動車ジャーナリストの生方聡。
メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る