【スペック】全長×全幅×全高=4530×1860×1950mm/ホイールベース=2850mm/車重=2500kg/駆動方式=4WD/5.5リッターV8SOHC24バルブ(500ps/6100rpm、71.4kgm/2750-4000rpm)/価格=1650.0万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)【試乗記】

古い建物にモダンなオフィス 2008.01.11 試乗記 メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)
……1650.0万円

根強い人気で、「GLクラス」登場後も継続販売される、スクエアボディの「Gクラス」。25年以上のロングセラーである、このクルマの魅力を探る。

1979年生まれのロングセラー

“ゲレンデヴァーゲン”こと「メルセデス・ベンツGクラス」は、メルセデスとオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイア)が7年の歳月をかけて共同開発し、1979年に発売した正統派オフロード・ヴィークル。以来、シュタイアの工場では19万台を超えるGクラスが生産され、いまだに根強い人気を誇っているのはご存じのとおり。

このGクラスには、4ドアのロングボディのほか、2ドアのショートホイールベース版やカブリオレが存在する。現在日本で販売されているのはロングのみで、「G500ロング」と「G55 AMGロング」のふたつがラインナップされている。

このうち今回試乗したのは後者のほうで、ノーズに収まるエンジンは、「SL55」などでおなじみのスーパーチャージャー付5.5リッターV8。SL55にくらべて少し控えめとはいえ、最高出力500ps/6100rpm、最大トルク71.4kgm/2750-4000rpmの性能は圧倒的だ。

自動車ジャーナリストの生方聡。
自動車ジャーナリストの生方聡。
メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
ホームへ戻る