クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4530×1860×1950mm/ホイールベース=2850mm/車重=2500kg/駆動方式=4WD/5.5リッターV8SOHC24バルブ(500ps/6100rpm、71.4kgm/2750-4000rpm)/価格=1650.0万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)【試乗記】

古い建物にモダンなオフィス 2008.01.11 試乗記 メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)
……1650.0万円

根強い人気で、「GLクラス」登場後も継続販売される、スクエアボディの「Gクラス」。25年以上のロングセラーである、このクルマの魅力を探る。

1979年生まれのロングセラー

“ゲレンデヴァーゲン”こと「メルセデス・ベンツGクラス」は、メルセデスとオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイア)が7年の歳月をかけて共同開発し、1979年に発売した正統派オフロード・ヴィークル。以来、シュタイアの工場では19万台を超えるGクラスが生産され、いまだに根強い人気を誇っているのはご存じのとおり。

このGクラスには、4ドアのロングボディのほか、2ドアのショートホイールベース版やカブリオレが存在する。現在日本で販売されているのはロングのみで、「G500ロング」と「G55 AMGロング」のふたつがラインナップされている。

このうち今回試乗したのは後者のほうで、ノーズに収まるエンジンは、「SL55」などでおなじみのスーパーチャージャー付5.5リッターV8。SL55にくらべて少し控えめとはいえ、最高出力500ps/6100rpm、最大トルク71.4kgm/2750-4000rpmの性能は圧倒的だ。

自動車ジャーナリストの生方聡。
自動車ジャーナリストの生方聡。
拡大
メルセデス・ベンツG55 AMG ロング (4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

変わらないスタイル

飾り気のない角張ったエクステリアがGクラスのアイデンティティ。時代に流されずそのスタイルを守り続ける一方、たとえばヘッドライトにはステアリング操作にあわせて進行方向を照らすアクティブライトシステム機構が付けられたり、ウインカー内蔵のドアミラーが採用されたりと、細かいところに最新のトレンドが盛り込まれているのは見逃せない。

それとは対照的に、インテリアは他のメルセデスから乗り換えても古さを感じないデザインでまとめられているうえ、贅沢にあしらわれたウォルナットパネルやレザーのトリムのおかげで高級感もたっぷり。パリの古い建物に一歩足を踏み入れると、そこはモダンなオフィスだった……そんな感覚である。

さっそく運転席に収まると、バスの運転席ほどに高いアイポイントが新鮮だ。モノコックボディを採用する最近のSUVとは違い、ラダーフレームのGクラスは着座位置が高く、おかげで眺めが良好。平面で構成されたボディとフェンダー上のウインカーのおかげでボディの見切りも極めて良好、全幅が1860mmと広いわりに扱いやすいのは助かる。

迫力のV8

AMG自慢のV8は低い回転から凄みのあるサウンドと溢れんばかりのトルクを湧き出させながら、グイグイと加速していく。さらにアクセルペダルを踏むと、V8特有のドロドロした音はボリュームを増し、2.5トンのボディは瞬く間に目的のスピードに到達してしまう。

これだけのパワーを受け止めるために、前後のリジッドアクスルサスペンションはスポーティに締め上げられる。そのため、低速では硬く、ときにはガツンとショックを伝えることもある。スピードが上がるにつれて、次第に硬さは気にならなくなり、高速ではフラットさも確保される。とはいえ、決して安楽な乗り物じゃないことはお忘れなく!

正直なところ、Gクラスのシャシーに対してAMG V8のパワーは有り余る印象で、走りっぷりも現代のパフォーマンスSUVには及ばない。しかし、Gクラスのスタイルに惚れ込んだ人にしてみれば、それも“味”というわけで、“ゲレンデ”の人気はまだまだ続きそうだ。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツG55L AMGAMG試乗記

あなたにおすすめの記事