【スペック】全長×全幅×全高=4850×1820×1425mm/ホイールベース=2850mm/車重=1760kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(347ps/6400rpm、46.9kgm/4100rpm)/価格=761万円(テスト車=812万9750円)

レクサスGS460“versionL”(FR/8AT)【ブリーフテスト】

レクサスGS460“versionL”(FR/8AT) 2008.01.10 試乗記 ……812万9750円
総合評価……★★★

マイナーチェンジで内外装のほかエンジンラインナップが変更されたレクサスのミドル級セダン「GS」。4.3リッターに替えて導入された4.6リッターモデルに試乗した。

ハイテク機能満載だけど……

「レクサスGS」は、「メルセデス・ベンツEクラス」や「BMW5シリーズ」に真っ向から勝負を挑むアッパーミドルクラスのサルーン。そのV8エンジン搭載版が「GS460」で、先頃実施されたマイナーチェンジを機に、LS460のエンジンを譲り受けて(ただし、性能は少し控えめだ)、商品力アップを図ったのはご存じだろう。

アクティブセーフティやパッシブセーフティ性能の向上、そして、運転時にドライバーの負担を軽減する目的でハイテクを満載するGS460は、まさに日本発の強みを活かしライバルをリードするかに見えたが、いざロングドライブに連れ出してみると、もちろんある程度のレベルには達しているものの、基本的な走りの部分はドイツの強豪たちにまだまだ及ばず、運転に楽しさを見いだせなかった。日本車からの乗り換えなら気にならないかもしれないけれど、ドイツ車に慣れ親しんだユーザーを取り込むのは難しいのではないか?

クルマは基本性能を磨いてこそ、付加的な価値が強みになるのだ。高級車ならなおさらのこと。世界で戦う日本のプレミアムセダンに、より一層の進化を期待したい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る