日産ノートが初のビッグマイナー

2008.01.09 自動車ニュース

日産ノートが初のビッグマイナー

日産自動車が、コンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジし、2008年1月9日に新型を販売開始した。

■新グリルで新しさを主張

「コンパクトカーのフレキシビリティをシフトする」を謳い文句に2005年1月に登場したノートに、初めてのビッグマイナーチェンジが施された。

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更を中心に、車種体系の見直しと燃費向上が図られた。ちなみに新型ではそのテーマを「コンパクトカーのフットワークをシフトする」とした。

エクステリアは、ヘッドランプ、ボンネット、フロントグリル、フロントバンパーなどを一新し、ひと目で新型とわかるデザインとした。なお、フロントグリルは標準タイプにカラードタイプまたはガンメタを採用する一方、スポーティシリーズにはメッキタイプを採用するなど、グレードにより異なる外観が与えられた。

■HDDナビ付き特別仕様車が同時デビュー

インテリアには、サンドベージュ、ブラック、カーボンブラックの3種類の新デザインシート&ドアトリムを用意。また、視認性を向上させた2連メーター、カップホルダー付きのリヤセンターアームレスト、撥水加工シートを設定し、利便性の向上を図った。

メカニズムでは、従来の1.5リッターHR15DEエンジン+エクストロニックCVTに改良を実施。スペックは最高出力109ps、最大トルク15.1kgmと変わらないものの、環境性能が高められた。具体的には2WDモデルが「平成17年度排出ガス基準75%低減レベル」を達成した。また10.15モード燃費に加えて新しい燃費・排出ガス試験「JC08モード」による燃費情報が提供されるようになった。ちなみに2WDモデルは10.15モード燃費が19.4km/リッター、JC08モード燃費は17.6km/リッターとなっている。

バリエーションは、スポーティな仕様装備としながら価格を抑えた「15RS」を新たに設定。こちらは車両価格が157万5000円と、15RXより約20万円安の価格設定としたモデル。15RXとの違いは、ホイールが1サイズ小さい14インチになること、エアコンがオートではなくマニュアル式になること、ステアリングが本革ではなくウレタン製になることなど。

2WDモデルが5グレード、4WDモデルは3グレードが用意される。価格は、135万4500円から178万1850円まで。

なお、マイナーチェンジを機に、15G、15G FOUR、15X、15X FOURをベースとする特別仕様車「Plus navi HDD」が設定された。同モデルは、30GBハードディスク搭載の専用HDDナビゲーションシステムに加え、トップシェード付UVカットグリーンガラス、リヤ2スピーカー(15G/15G FOURはベース車に標準)を装備しつつ、価格を抑えたお買い得仕様だ。「Plus navi HDD」の価格は、148万2600円から186万5850円まで。

(webCG 曽宮)

写真のモデルは「15RX」
写真のモデルは「15RX」
写真のモデルは「15X」
写真のモデルは「15X」

日産ノートが初のビッグマイナーの画像

日産ノートが初のビッグマイナーの画像

日産ノートが初のビッグマイナーの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
ホームへ戻る