トヨタ「プレミオ/アリオン」に新開発の2リッターモデル追加

2008.01.09 自動車ニュース
「プレミオ 2.0G “EXパッケージ”」
トヨタ「プレミオ/アリオン」に新開発の2リッターモデル追加

トヨタ「プレミオ/アリオン」に新開発の2リッターモデル追加

トヨタ自動車は、ミディアムセダン「プレミオ」と「アリオン」に、バルブマチックを採用した2リッターエンジンモデルを追加設定した。さらに、1.5、1.8リッターモデルには、装備を厳選した廉価モデルを追加し、2008年1月8日に発売した。

「アリオン A20 “Sパッケージ”」
トヨタ「プレミオ/アリオン」に新開発の2リッターモデル追加

今回追加された2リッターモデルは、新世代のエンジン動弁機構「バルブマチック(VALVEMATIC)」を採用。これは、従来のVVT-iに加え、バルブのリフト量を連続的に変化させる機構を組み合わせたもの。優れた環境性能と高い動力性能を両立したという。
2リッターの走行燃費(10・15モード)は、15.6km/リッター(国土交通省審査値)。「平成22年度燃費基準+20%」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、グリーン税制による減税措置対象車である。

装備としては、高遮音性ガラス(フロントウインドシールドガラス)やクルーズコントロール、プラズマクラスターを標準装備。仕様によって、VSC&TRCやインテリジェントパーキングアシストがオプションで設定される。

これに合わせ、福祉車両のウェルキャブについても、助手席回転スライドシート車の“Aタイプ”と“Bタイプ”に同2リッターエンジン搭載車を新設定した。

価格は、以下の通り。
プレミオ 2.0G:222万6000円
プレミオ 2.0G “EXパッケージ”:242万5500円
アリオン A20:219万4500円
アリオン A20 “Sパッケージ”:232万500円
ウェルキャブモデル:227万円〜231万5250円。

このほか、1.5リッター(FF)、1.8リッター(FF、4WD)モデルには、装備を厳選した廉価仕様“スタンダードパッケージ”を追加設定し、ラインアップの充実を図った。単純に価格だけで見ると、ベースモデルより1.5リッターが6万3000円、1.8リッターは7万3500円ほどお得だ。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る