「トヨタ・エスティマハイブリッド」が2015年度燃費基準達成

2008.01.09 自動車ニュース

「トヨタ・エスティマハイブリッド」が2015年度燃費基準達成

トヨタ自動車は2008年1月7日、ミニバン「エスティマハイブリッド」が新たな燃費目標である「2015年度燃費基準」を達成したと発表した。

今回は、「エスティマハイブリッド」のエンジンスペックが改められたわけではなく、新しい試験方法で燃費基準を達成したことがニュース。
「2015年度燃費基準」は、従来の燃費測定方法「10・15モード」に換わる「JC08モード」で定められるため、新しいモードでの試験が必要となる。

JC08モードは従来に比べ、急な加減速やコールドスタート、より高い最高速が採り入れられ、一般的には10・15モードより燃費値が悪化する。
なお、「エスティマハイブリッド」では、20.0km/リッター(10・15)が18.0km/リッター(JC08)となった。

JC08モードは2010年度を目処にカタログに記載されるが、トヨタでは「プリウス」「レクサスGS450h」ですでにデータを取得している。

(webCG 本諏訪)


「トヨタ・エスティマハイブリッド」が2015年度燃費基準達成の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る