「トヨタ・エスティマハイブリッド」が2015年度燃費基準達成

2008.01.09 自動車ニュース

「トヨタ・エスティマハイブリッド」が2015年度燃費基準達成

トヨタ自動車は2008年1月7日、ミニバン「エスティマハイブリッド」が新たな燃費目標である「2015年度燃費基準」を達成したと発表した。

今回は、「エスティマハイブリッド」のエンジンスペックが改められたわけではなく、新しい試験方法で燃費基準を達成したことがニュース。
「2015年度燃費基準」は、従来の燃費測定方法「10・15モード」に換わる「JC08モード」で定められるため、新しいモードでの試験が必要となる。

JC08モードは従来に比べ、急な加減速やコールドスタート、より高い最高速が採り入れられ、一般的には10・15モードより燃費値が悪化する。
なお、「エスティマハイブリッド」では、20.0km/リッター(10・15)が18.0km/リッター(JC08)となった。

JC08モードは2010年度を目処にカタログに記載されるが、トヨタでは「プリウス」「レクサスGS450h」ですでにデータを取得している。

(webCG 本諏訪)


「トヨタ・エスティマハイブリッド」が2015年度燃費基準達成の画像

関連キーワード:
エスティマトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る