【スペック】全長×全幅×全高=3920×1680×1445mm/ホイールベース=2485mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.4kgm/4500rpm)/価格=249万円

フォード・フィエスタST(FF/5MT)【試乗記】

FWD版エリーゼS 2008.01.09 試乗記 フォード・フィエスタST(FF/5MT)
……249万円(車両本体価格)


「フォード・フィエスタST」は名門「フォード・チームRS」が送り出すコンパクトホットハッチ。その中身の濃さは諸元だけでは到底分からないものだった。
『CAR GRAPHIC』2007年10月号から転載。

流儀どおりの手法

フォード・チームRSという集団は相当のテダレだと思う。WRCやJWRCでのラリー活動に加えて、フォードのハイパフォーマンス・ロードカーの開発も手掛ける彼らは、フォーカスSTやモンデオST220などを世に送り出してきたわけだが、その末弟に当たるフィエスタSTとの出会いによって、われわれはまた一本取られてしまった。なにせ彼らはロードカーの商品哲学に「速くて敏捷性があること」を掲げ、しかもいっぽうで「毎日のショッピングにも使えること」とも謳っている。文章にするとさほど驚きがないかもしれないが、その敏捷性というヤツ、これがちょっと並みじゃないのだ。

チームRSが、3ドアのフィエスタをベースに「ST化」するに当たっては、フォーカスSTの場合と同じ手法が採られた。すなわちサスペンションに関しては、基本骨格を成すフロントのサブフレームが強化部品に代えられ、リアのトーションビームも38.5%剛性アップした専用品(53.0→73.4mkg/deg)を使用している。スプリングレートは前45.5%、後13.3%それぞれ強化され、ダンパーも減衰力を高めたモノチューブ式の特製品に、さらにアライメントにも大胆に手が入り、フロントのキャンバー値は標準モデルの−0°39′に対して、−1°13′という強いネガティブキャンバーが与えられている。

むろん直進性との折り合いをつけるためトー角はイン1.1mmまで減らされているが(標準モデルはイン3.1mm)、ステアリング・ギアレシオが速められていることも含めて、いかにSTがステアリングの初期レスポンスと追従性に重きを置いているかわかるだろう。フロントの258mm×22mmベンチレーテッドディスク・ブレーキに、先代のフォーカスST170から借用した大型キャリパーを組み合わせるなどストッピングパワーの確保にも抜かりなく、さらに205/40R17サイズのピレリPゼロ・ネロもSTの専用スペックとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る