【スペック】全長×全幅×全高=4135×1750×1285mm/ホイールベース=2400mm/車重=1260kg/駆動方式=FR/2.2リッター直4DOHC16バルブ(242ps/7800rpm、22.5kgm/6500-7500rpm)/価格=399万円(テスト車=432万6000円/本革シート=10万5000円/DVDナビゲーションシステム=23万1000円)

ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)【試乗記】

大人のスポーツ 2008.01.08 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)
……432万6000円
ホンダの2シーターオープンスポーツ「S2000」に新グレードの「タイプS」が追加された。GTウイングを装着した新たなスポーティモデルに試乗した。

正直ひきました(笑)

いつもの場所で待ち構えていた「ホンダS2000」を見て、私は一歩ひいてしまった。“ニューフォーミュラレッド”の鮮やかなボディもさることながら、巨大なリアウイングとド派手なフロントスポイラーが、サーキットから、あるいはカスタムカーショーの会場から抜け出てきたという雰囲気で、これがカタログモデルなのだから、ホンダも思い切ったことをするものだ。

2008年モデルに進化したS2000に追加されたバリエーションがこの「タイプS」だ。エンジンは標準モデルと同じだが、高速域では空力を見直すことで安定感を高め、また、低中速域ではサスペンションをよりシャープな味付けとして、ワインディングロードのあらゆるコーナーで楽しめる性能を目指した、スポーティバージョンである。

特徴的なエクステリアは風洞実験や実走行テストによって最適化されたデザインで、前後タイヤの前に“ストレイキ”と呼ばれる小さなついたてを置くなどして空気抵抗を抑えつつ、ご覧のとおりの前後スポイラーなどにより空気の力でボディを路面に押しつけるのが特徴だ。リアスポイラーの中央が持ち上がっているのは、オープン時、クローズ時ともに効果を得るための工夫らしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2008.1.8 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)
    ……432万6000円

    ホンダの2シーターオープンスポーツ「S2000」に新グレードの「タイプS」が追加された。GTウイングを装着した新たなスポーティモデルに試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ホンダ新型車試乗会(「フィット」&「タイプR」&「S2000」)【試乗記】 2007.12.11 試乗記 ホンダ・フィット(FF/5MT)/シビック・タイプR(FF/6MT)/S2000 タイプS(FR/6MT)

    「R」や「S」のバッジが輝く、スポーティモデル。走りの良さはちょっと横において、街なかでの“普段使い”はどうなのか? 『webCG』の近藤と関が、ホンダの新車試乗会で試してみた。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る