【スペック】デミオ13C-V(写真奥):全長×全幅×全高=3885×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=990kg/駆動方式= FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、 12.2kgm/4000rpm)/価格=131万円(テスト車=137万6150円/ドライビングコンフォートパッケージ+レザーツーリングコンフォートパッケージ=6万6150円)

「マツダ・デミオ」(FF/CVT)vs「ホンダ・フィット」(FF/CVT)【試乗記】

「マツダ・デミオ」(FF/CVT)vs「ホンダ・フィット」(FF/CVT) 2008.01.07 試乗記 マツダ・デミオ 13C-V(FF/CVT)/ホンダ・フィット L(FF/CVT)
……137万6150円/178万5000円

「デミオ」と「フィット」は、ともに2007年生まれの売れ筋コンパクト。ライバル同士を直接ぶつけてみたら、どんな違いが見えてきた?

紅白にシロクロ

コンドー(以下「コ」):おっ、紅白! 新年早々、こりゃメデタイ。デミオにフィットか!
関(以下「せ」):じつは、どちらがお勧めか相談されちゃって。白黒つけないといけません。

コ:どっちも2007年話題になった、コンパクトカーの代表作やからな。
せ:デミオは「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」、フィットは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。なかでも、デミオ「13C-V」とフィット「L」は売れ筋のグレードです。
コ:1.3リッター同士。ベース価格も130万円台でほぼ同じ。アツい勝負になる予感がするで!……まずは、並べてみてみよか。

せ:ひとえにコンパクトといっても、ずいぶん違うもんですね。
コ:フィットのデカさが際立つな。ひとクラス上に見える。デミオが3代目になって4cm縮まったゆうのもあるかな?
せ:実は、寸法上はほとんど差がないんです。幅は同一だし、全長とホイールベースだって、せいぜい1cm違い。フィットのほうが5cm背が高いってのが、ポイントです。

コ:デミオは、女性ユーザーをターゲットにしたというだけあって、「おでこの広い和風美人」て印象やね。
せ:フィットだって、小顔で今風なんですよ。ちょっと小動物系の表情で癒されるでしょ?
コ:どんぐり食べてそうな感じやね。

コ:どちらもウェッジシェイプ(楔型)デザインを主張してるけど?
せ:真横から見ると、全っ然ちがう。デミオのサイドラインは本当にキレイだなぁ。

コ:フィットはミニバン的で、寸法をめいっぱい使ってるのがわかる。実用性からいったら「王道」や。デミオも先代まではそうやったのに……
せ:3代目は、デザイン重視に方向転換しただけあって色気があります。なんだか、「赤いハイヒール」と「白いスニーカー」が向き合ってるみたい。

コ:リアビューも全然違う。
せ:「メルセデスのAクラス」と「プジョーの207」くらい違う。
コ:……うまいこと言う!
せ:デミオ、バックシャンですね。クルマから離れざまに、ふりかえって見たくなる。
コ:バックシャンって、何10年ぶりかで聞いたわ……とはいえ、デザインは、ヒトの好き好き。優劣は決められへん。もっと実用性がからむインテリアで比較しよか?


「マツダ・デミオ」(FF/CVT)vs「ホンダ・フィット」(FF/CVT)【試乗記】の画像
デミオ「13C-V」は、ミラーサイクルエンジンとCVTを組み合わせた、燃費がウリのグレード。
デミオ「13C-V」は、ミラーサイクルエンジンとCVTを組み合わせた、燃費がウリのグレード。
フィット「L」は、最廉価な「G」にフルオートエアコンなど快適装備を加えたグレードだ。
フィット「L」は、最廉価な「G」にフルオートエアコンなど快適装備を加えたグレードだ。
いざ、にらみ合い。寸法上は全高以外ほとんど差がないが、その形状は大きく異なる。
いざ、にらみ合い。寸法上は全高以外ほとんど差がないが、その形状は大きく異なる。
ナンバープレートの位置まで違う、2台のリアビュー。フィットのハッチ下端は一見してデミオより低く、荷降ろしなど利便性の高さが伺える。トレッドは前15mm/後10mmだけフィットのほうが広い。
ナンバープレートの位置まで違う、2台のリアビュー。フィットのハッチ下端は一見してデミオより低く、荷降ろしなど利便性の高さが伺える。トレッドは前15mm/後10mmだけフィットのほうが広い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る