第347回:GT-R教の“新”教祖様降臨! 
登場、カルロス・ゴーンを洗脳した男

2007.12.28 エッセイ

第347回:GT-R教の“新”教祖様降臨! 登場、カルロス・ゴーンを洗脳した男

キャラの立ちすぎたエンジニア

ってなわけで、新型「GT-R」のちょい乗りインプレッションはすでにレポートしたとおり。でも、それ以上に面白かったのが、これまた新型“ミスターGT-R”こと水野和敏さんとのトークだ。

彼は新型GT-Rの開発責任者で、日産では珍しくCVEとCPS、つまり商品開発と商品企画で責任が分かれている体制を一本化させた“特例の人”。
名作、初代「プリメーラ」や「スカイライン(R32)」の基本パッケージを作り上げただけでなく、1990年前後にはニスモに出向して日産Cカーによる耐久レース活動のチーム監督まで勤め、デイトナ24時間レースで勝ったり、ルマンに出たり、イマドキ珍しく市販車からレーシングカーまで精通している人なのだ。ウワサでは、あのトップレーサー、鈴木利男さんを育てたとも言われている。

で、すでに雑誌やネットに出まくってるから知ってる人も多いと思うけど、この人のなにがすごいって、その強烈なキャラクターだ。とにかく実際会ってみると、独特の風貌と語り口に圧倒される。まさに理想主義的エンジニアとしてのリクツと、純粋なクルマ好きとしての情熱が、落語家も真っ青の弁舌滑らかな口元から放出されまくり、まさしく“水野ワールド”を形成するのだ。俺が連載中の『ベストカー/愛のクルマバカ列伝』にも躊躇なく出てくれたりするいまどき珍しくキャラの立った(立ちすぎた?)エンジニアでもある。

今回は、最近耳にした「水野さんが開発トップになったのは、得意のホワイトボード講義であのカルロス・ゴーン氏を洗脳したから(!?)」というウワサをたしかめる、またとないチャーンス! ってわけ。

偉大なる教祖様と慣れなれしくしてスイマセン……。
偉大なる教祖様と慣れなれしくしてスイマセン……。
まさにリクツの塊! 徹底的に日本的に匠のワザを使って合理的に作られた「新型GT-R」!
まさにリクツの塊! 徹底的に日本的に匠のワザを使って合理的に作られた「新型GT-R」!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』