【スペック】全長×全幅×全高=4695×1811×1445mm/ホイールベース=2756mm/車重=1536kg/駆動方式=FF/2リッター直4ディーゼル(150ps/4000rpm、34.7kgm/2000rpm)/価格=2万7600ユーロ(ベーシックグレード「Expression」本国仕様)

ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)【海外試乗記】

コージーな部屋 2007.12.28 試乗記 ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)

ルノーのミドル級モデル「ラグナ」が3代目にバトンタッチ。日本未導入の新型を、さっそくフランス本国で試した。

家庭的プレミアム

1994年1月のデビュー以来、230万台をセールスしたルノーの代表的ミドルクラス「ラグナ」の3世代目が2007年10月中旬にフランスで発売された。

このクラスでは、「BMW3シリーズ」「メルセデス・ベンツCクラス」「アウディA4」などのドイツ製プレミアムセダン、さらに母国の「プジョー407」や「シトロエンC5」がライバルとなる。
サイズアップし中身が豪華になるなど、ますますプレミアム化される激戦セグメントに、6年ぶりに投入されたニューラグナ。その実力は、いかがなものだろうか?

ニューラグナには、5ドアハッチバックとワゴンがある。今回試乗したのは、5ドアのハッチバックモデル「2.0 dCi 6AT」(150ps)。一目でルノーとわかるエクテリアデザインはより洗練された感じがする。ダイナミックでエレガントなフォルム、フロントからリアにかけて流れるようなエアロライン。
一方、パワートレインは、2リッター直4ディーゼル+6AT。結論を先に述べれば、まさに非の打ちどころのないドライビングフィールを味合わせてくれた。

走りのテイストは、あくまでもゆったりした乗り心地。フランス車らしく出来のよいシートは、ロングドライブをものともしない。
エンジンは、トルキーでスムーズ、かつ経済的。「いかにプレミアム化されてもフランスでのターゲットはファミリーユース」。そんな使い勝手のよさを改めて感じさせてくれたのだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る