フィアット、限定車「500Cヴォラーレ」を発売

2012.02.07 自動車ニュース

フィアット、限定車「500Cヴォラーレ」を発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2012年2月7日、「500C」の限定車「500C Volare(ヴォラーレ)」を発売した。限定数は150台で、価格は274万円。

「500Cヴォラーレ」最大の特徴はその爽やかなボディーカラー。「500ツインエア」(ハードトップモデル)で人気の「ブルー ヴォラーレ」に、「アイボリー」のソフトトップを組み合わせている。

装備はベース車両の「500Cツインエア ラウンジ」と同じだが、価格は5万円安い274万円とリーズナブルな設定とされる。また、エコカー補助金対象予定車となっている。

エンジンは0.9リッター直列2気筒ターボのツインエアユニット。スタート&ストップ(アイドリングストップ)機能を備え、10・15モード燃費はベース車両と同じ21.0km/リッターと発表されている。

(webCG 竹下)

「フィアット500C Volare(ヴォラーレ)」
「フィアット500C Volare(ヴォラーレ)」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • 第429回:「ジャガーEペース」が華々しくデビュー
    ロンドンで開催されたワールドプレミアイベントに参加して
    2017.8.7 エディターから一言 英ジャガー・ランドローバーは去る7月、新型コンパクトSUV「ジャガーEペース」の発表イベントをロンドンで開催した。会場には大勢のセレブが駆けつけたほか、女性ボーカリストによるライブが催されるなど華々しいものとなった。その模様をリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
ホームへ戻る