三菱「i(アイ)」「eKワゴン」に女性が喜ぶ特別仕様車

2007.12.27 自動車ニュース
「i(アイ) Bloom Edition」
三菱「i(アイ)」「eKワゴン」に女性が喜ぶ特別仕様車

三菱「i(アイ)」「eKワゴン」に女性が喜ぶ特別仕様車

三菱自動車は、人気の軽自動車「i(アイ)」と「eKワゴン」に、女性が喜ぶ機能を装備した特別仕様車「Bloom Edition(ブルームエディション)」を設定し、2007年12月25日に発売した。

「eKワゴン Bloom Edition」
三菱「i(アイ)」「eKワゴン」に女性が喜ぶ特別仕様車

特別仕様車「Bloom Edition」は、日焼けを防ぐ「撥水機能付UV&ヒートプロテクトガラス」、親水機能付きの「電動格納式リモコンドアミラー」など女性に嬉しい装備を充実させたモデル。

上記装備に追加して、
「i(アイ)」は、自然吸気(NA)モデル「L」をベースに、内装では専用のミント&ブラウンインテリアを採用、シート表皮は、撥水・撥油効果のあるプロテクト加工を施すなどした。また、運転席だけでなく助手席にもエチケットフォルダー付きバニティミラーや、シートバックポケットを設定した。

ボディカラーは、サクラピンクメタリックなど人気の6色を用意する。
価格は、MRが119万7000円、4WDは132万3000円。

いっぽう「ekワゴン」は、「M」と電動スライドドアを装備した「MS」をベースに、駐車などのバック時に「R」ポジションと連動してリアワイパーが作動する「リバースポジション連動リヤ間欠ワイパー&ウォッシャー」を装備。また従来オプション設定の2DINユニークオーディオや安全装備のABSなどが標準装備となる。

ボディカラーは新しい専用色となる「サクラピンクメタリック」を含む全4色を用意。
価格は、「M」のFFが101万8500円、4WDは113万8200円。「MS」はFFが107万1000円、4WDは119万700円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る