第346回:初試乗「日産GT-R」!
よくできたCカーって、もしやこんな味?

2007.12.27 エッセイ

第346回:初試乗「日産GT-R」!よくできたCカーって、もしやこんな味?

巨人に衝き動かされているような走り

やっと乗ってきました新型「GT-R」!

2001年の東京モーターショーで“GT-Rの復活”が発表されてからジラされまくりで、かれこれ6年。すでにドイツで試乗したり、仙台ハイランドで乗ってきた人もいるみたいだけど、俺たちフリーランスは、ようやく12月、愛知県蒲郡のスパ西浦モーターパークで行われた試乗会で乗ることができました。俺自身言うところの“スーパーカー日本代表”、はたしていったいどういうものなのか。そしたらね……。

なにに驚くって、とにかくその安定感、安心感の高さよ。あまりの動きの速さにタコメーターが付いてこれないようなエンジンの吹け上がりや、センシティブかつメチャクチャよく利くブレーキ、死ぬほどよく曲がるコーナリング性能にも驚くけど、それ以上に全然怖くないし、どんなふうに運転しても、ある一定の余裕が感じられるんでビックリ。

たとえばハンドリングだけど、どんなハイスピードコーナーでもタイトコーナーでも違和感なく、自然に思ったとおりに曲がれてしまう。ボディ幅が約1.9mもあって車重も1.7トン以上あるのに、軽やかでどこまでも思いどおりに操れる。しかもフロント255、リア285のトレッド幅で、最高2Gに耐えられるという専用開発タイヤを履いてても違和感まったくナシ。これだけの高性能だとフツーどっかで妙なフリクションとか感じちゃうもんだけどね。

ブレーキもどんなに激しく、あるいはゆっくり踏んでもちゃんと付いてくる。とにかくすべてが完璧にコントロールされている、まさに巨人に衝き動かされているような走りなのだ。
乗る前はもっとエッジの上を歩いているようなスリリングな操縦性なのかと思ってたけど全然逆。「ポルシェ911」とも「レクサスIS F」とも違う。あえて言えば、“よくできたメルセデス・ベンツをもっと軽くしたような走り味”かもしれない。俺の感覚ではね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』