【スペック】全長×全幅×全高=5413×1954×1750mm/ホイールベース=3078mm/車重=2025kg/駆動方式=FF/3.8リッターV6OHV12バルブ(193ps/5200rpm、31.1kgm/4000rpm)(北米仕様)

クライスラー・グランドボイジャー(FF/6AT)【海外試乗記】

まぎれもないボイジャー 2007.12.27 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー(FF/6AT)

新生クライスラーの新型ミニバン「グランドボイジャー」。最新システムや独自のシートアレンジなど多数の新装備を搭載したニューモデルにスペインで試乗した。

「グランドボイジャー」のみに

ミニバンのパイオニア、「クライスラー・ボイジャー」がフルモデルチェンジした。横置きエンジン前輪駆動、両側スライドドアの3列シート7人乗りというパッケージングは同じ。しかし現行型で2種類あるボディは、標準型(?)たる「ボイジャー」が落ち、長い「グランドボイジャー」に一本化された。

すでに発売されている北米仕様は「タウン&カントリー」を名乗り、ダッジ・ブランドから「キャラバン」としても販売されているのに対して、日本を含めた海外市場では従来どおり「グランドボイジャー」と呼ばれる。来2008年第2四半期といわれる日本導入前にスペインで乗ってきた。

ボディサイズは現行型とほぼ同じだが、見た目の存在感ははるかに上だ。グリルを大きくしてクロームメッキを多用したことも効いているが、それ以上にボディサイドの違いが大きい。ルーフ幅を152mm広げるとともにウエストラインを上げ、サイドシルは逆に下げて外に出したおかげで、重厚な雰囲気を獲得しているのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • クライスラー・ボイジャーLXプレミアム(4AT)【ブリーフテスト】 2004.10.9 試乗記 ……390.6万円
    総合評価……★★★

    FFプラットフォーム、乗用車と同じサスペンションなどを採用した“元祖ミニバン”「クライスラー・ボイジャー」。本革シートなどを奢った上級「LXプレミアム」に、自動車ジャーナリストの生方聡が乗った。


  • クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)【試乗記】 2001.5.31 試乗記 クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)
    ……356.0から422.0万円

    1983年の登場以来、全世界74カ国で873万台余を販売したクライスラーの元祖ミニバン、ボイジャー。2001年モデルから第4世代に移行し、日本でも6月1日から販売が開始される。クライスラー顔になった最新モデルに、webCG記者が試乗した。


  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
ホームへ戻る