ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様

2007.12.26 自動車ニュース

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様

クライスラー日本が、ダッジを代表する“マッスルカー”「チャージャー」に新グレードを追加し、2007年12月26日に発売した。

■600万円を切る新たなマッスルカー

2007年に日本上陸を果たしたアメリカンブランド「ダッジ」から、ニューモデルが登場する。その名は「チャージャー R/T」。すでに日本上陸を果たしているチャージャー SRT8より約50万円安価で、かつ355psという十分なパワーを秘めた第2のモデルだ。

グレード名のR/Tとは、「Road(公道)&Track(サーキット)」の略。一般道だけでなく、サーキットでも優れたパフォーマンスを発揮するという意味が込められており、性能アップのために「パフォーマンス チューンド サスペンション」や20インチの大径ワイドタイヤ&ホイール、「パフォーマンス ステアリングギア」などが装備される。また、インテリアもレザー&スエード表皮に赤いステッチを施すなどスポーティな仕上げとした。

エンジンは、5.7リッターHEMIをベースにチューニングを行うことで最高出力をベースユニットの340psから355psにアップ。出力アップしただけでなく「可変シリンダーシステム」搭載により、パワーを必要としない場面では4気筒を休止する燃費対策が講じられた。

R/Tの価格は、SRT8(6.1リッター・431ps)より52.5万円安、598万5000円。

■SRT8にはインテリアの改良が

チャージャーSRT8にも改良が施された。2008年モデルでは、インストュルメントパネル、ドア内張り、センターコンソールが一新され、スポーティ感が高められた。同時にマップホルダーとマップポケットへの照明の追加など利便性を高める細かな変更も施されている。

安全性も高められており、2008年モデルでは新たにフロントシートサイドエアバッグが追加された。

SRT8の価格は、651万円。なお、チャージャー SRT8のデリバリー開始は、2008年1月25日以降となる模様だ。

(webCG 曽宮)


ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チャージャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る