ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様

2007.12.26 自動車ニュース

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様

クライスラー日本が、ダッジを代表する“マッスルカー”「チャージャー」に新グレードを追加し、2007年12月26日に発売した。

■600万円を切る新たなマッスルカー

2007年に日本上陸を果たしたアメリカンブランド「ダッジ」から、ニューモデルが登場する。その名は「チャージャー R/T」。すでに日本上陸を果たしているチャージャー SRT8より約50万円安価で、かつ355psという十分なパワーを秘めた第2のモデルだ。

グレード名のR/Tとは、「Road(公道)&Track(サーキット)」の略。一般道だけでなく、サーキットでも優れたパフォーマンスを発揮するという意味が込められており、性能アップのために「パフォーマンス チューンド サスペンション」や20インチの大径ワイドタイヤ&ホイール、「パフォーマンス ステアリングギア」などが装備される。また、インテリアもレザー&スエード表皮に赤いステッチを施すなどスポーティな仕上げとした。

エンジンは、5.7リッターHEMIをベースにチューニングを行うことで最高出力をベースユニットの340psから355psにアップ。出力アップしただけでなく「可変シリンダーシステム」搭載により、パワーを必要としない場面では4気筒を休止する燃費対策が講じられた。

R/Tの価格は、SRT8(6.1リッター・431ps)より52.5万円安、598万5000円。

■SRT8にはインテリアの改良が

チャージャーSRT8にも改良が施された。2008年モデルでは、インストュルメントパネル、ドア内張り、センターコンソールが一新され、スポーティ感が高められた。同時にマップホルダーとマップポケットへの照明の追加など利便性を高める細かな変更も施されている。

安全性も高められており、2008年モデルでは新たにフロントシートサイドエアバッグが追加された。

SRT8の価格は、651万円。なお、チャージャー SRT8のデリバリー開始は、2008年1月25日以降となる模様だ。

(webCG 曽宮)


ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像

ダッジ チャージャーに「公道&サーキット」仕様の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【海外試乗記(後編)】 2007.8.17 試乗記 ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)

    6.1リッターのHEMIエンジンを搭載する「ダッジ・チャージャーSRT8」。431psを発生するハイパフォーマンスバージョンの乗り心地とは。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場 2017.6.19 自動車ニュース 英ジャガーがスポーツワゴンの新型「XFスポーツブレイク」をロンドンで初公開した。同社のEセグメントモデル「XF」のワゴンバージョンで、最大で1700リッターの荷室容量を実現。駆動方式には、FRに加えて4WDも用意されている。
ホームへ戻る