「モビリオ・スパイク」にお安いグレード追加 特別仕様車も

2007.12.21 自動車ニュース

「モビリオ・スパイク」にお安いグレード追加 特別仕様車も

本田技研工業は、マルチパーパスワゴン「モビリオ・スパイク」に装備を簡素化した最廉価グレードを設定。さらに、特別仕様車も追加し、2007年12月20日に発売した。

カップホルダーやカーゴスポットライトなど、装備を省いた「Aタイプ」を新設した。すぐ上に位置する「AUタイプ」より、FFは3万6750円、4WDで1万5750円お安くなり、それぞれ148万5750円と169万5750円。

また、既存の「AUタイプ」と「Wタイプ」には、ディスチャージヘッドランプなどを標準装備した特別仕様車「HIDエディション」(ベースモデルより4万2000円〜6万3000円アップ)、さらに、「Honda HDDインターナビシステム」などが標準の「HDDナビエディション」(同19万9500円〜22万500円アップ)を設定した。

こちらの価格は、156万4500円から204万7500円までとなっている。

(webCG 関)

「ホンダ・モビリオ・スパイク AUタイプ HDDナビエディション」
「ホンダ・モビリオ・スパイク AUタイプ HDDナビエディション」

関連キーワード:
モビリオスパイクホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記