第345回:久々「ホンダ・フィット」試乗! 
オレは無いものねだりなんだろうか……

2007.12.21 エッセイ

第345回:久々「ホンダ・フィット」試乗! オレは無いものねだりなんだろうか……

人気のフィット、俺には薄味…

先日、撮影のために久々「ホンダ・フィット」を借りて乗ってみました! うーん、いいクルマなんだけどなぁ……。

よさは山ほどある。乗ってすぐさま気付くのは車内が圧倒的に広くなった! ってことだ。全長が55mmも長くなってるから当たり前なんだけど、特にリアシートの広さったらヘタなミディアムセダン顔負けだし、それでいて全体のボディ剛性は以前にも増して高く、静粛性まで含めて向上してる。
特に劇的なのは、硬すぎてツラかった乗り心地が格段に改善されてることだ。ホント、前のは世間的には問題にならなかったけど、前のは業界スジ的には大問題だったもんねぇ。それでも圧倒的に売れ続けたわけだけどさ。

しかし微妙なところも多い。たとえば、インテリアなんかは樹脂の質感こそ向上してるようだけど、デザインも含めると個人的には「言うほどカッコいいかなぁ……懲りすぎてない?」って感じ。燃費にしても、乗ったのは1.3リッターエンジンの「L」グレードなんだけど、満タン計測方法で測ってみると、首都高をぶっ飛ばしたとはいえ12、13km/リッターと特別良くもないけど悪くもない。もっとゆっくり走れば劇的に向上するんだろうけど。
カッコにしても初代のデザインを活かしつつ、ほどよく前のめりにスポーティになってるのはわかるけど、ややガキっぽいような。個人的には初代のが好きだなぁ。ま、これは好きずきだし、新型の方がアグレッシブで一般的にはウケるんでしょうけど、でもねぇ……。

簡単にいうと味がないのよね。具体的にはステアリングインフォメーションがなさすぎ。もちろん切ったとおりに曲がるし、正確なんだけど、手ごたえがほとんどない。初代に比べて軽く、ラクという言い方もあるけど……。
もちろんフィットはFF車なんで、FRやミドシップほど手応えを出しづらいわけだけど、それにしても味が薄いような気がする。

特にライバルである「デミオ」があれだけスポーティで、同じホンダの「ステップワゴン」や「オデッセイ」がFFベースであれだけキモチいいステアリングフィールを実現してるだけに余計ツライ。実はフィットの後、ホンダさんに借りて「ストリーム」にも乗ったんだけど、こちらの方が確実によい。ま、値段も全然違うんだけどさ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』