日産フーガがマイチェンで高級感アップ

2007.12.21 自動車ニュース

日産フーガがマイチェンで高級感アップ

日産フーガがマイチェンで高級感アップ

日産自動車は、上級セダン「フーガ」をマイナーチェンジし、2007年12月20日にニューモデルの販売を開始した。


日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

■内外装をリフレッシュ

2004年10月にデビューした日産の高級パーソナルセダン「フーガ」がマイナーチェンジを受けた。今回のマイナーチェンジでは、内外装をデザイン変更するとともに、エンジンや機能装備にもメスが入れられた。

エクステリアは、フロントグリル、ヘッドランプ、前後バンパー、リアコンビランプ、アルミホイールなど、ボディパネル以外のパーツが全面的に変更を受けている。

内装は、メーターを立体感のある新デザインに変更したほか、本木目フィニッシャー採用車はその樹種をローズウッドからビュバンガに変更、ピアノ調フィニッシャーには純銀製アクセントを追加するなどして質感向上が図られた。また助手席パワーオットマン機構(250GT、350GT FOURを除く)や後席パワーリクライニングシートの採用(GT Type Pに標準)などで利便性も同時に高められた。


日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

■先進装備の採用でドライバーの負荷を低減

エンジンは、これまでどおり3本立て。うちV6の2基がアップデートを受けている。3.5リッターVQ35HRは従来より33psアップした313psに、2.5リッターのVQ25HRは13ps増の223psを発生する。4.5リッターV8(333ps)は従来どおり。

装備面では、先行車両との車間を一定に保つ「インテリジェントペダル」が新たに採用された。同装備は車両前部に設置されたレーダーセンサーの情報をもとに車間を維持し、前走車に近づくとアクセルペダルアクチュエーターが作動、ペダルを押し戻す力を発生させるというもの。

インテリジェントクルーズコントロールには、作動範囲を従来の「5〜100km/h」から「停止〜100km/h」に拡大し、先行車が停止した時はそれにあわせて停止する「全車追従機能」が追加された。また、ナビゲーションシステムからの情報をもとにカーブの大きさに合わせて車速を調整する「ナビ協調機能」など、ドライバーの負荷を軽減する装備が充実した。

価格は、2.5リッターモデルが396万9000円から420万円、3.5リッターモデルは449万4000円から533万4000円、4.5リッターモデルは571万2000円から627万9000円。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
フーガ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上 2017.11.15 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用し、静粛性の向上を図っている。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
ホームへ戻る