日産フーガがマイチェンで高級感アップ

2007.12.21 自動車ニュース

日産フーガがマイチェンで高級感アップ

日産フーガがマイチェンで高級感アップ

日産自動車は、上級セダン「フーガ」をマイナーチェンジし、2007年12月20日にニューモデルの販売を開始した。


日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

■内外装をリフレッシュ

2004年10月にデビューした日産の高級パーソナルセダン「フーガ」がマイナーチェンジを受けた。今回のマイナーチェンジでは、内外装をデザイン変更するとともに、エンジンや機能装備にもメスが入れられた。

エクステリアは、フロントグリル、ヘッドランプ、前後バンパー、リアコンビランプ、アルミホイールなど、ボディパネル以外のパーツが全面的に変更を受けている。

内装は、メーターを立体感のある新デザインに変更したほか、本木目フィニッシャー採用車はその樹種をローズウッドからビュバンガに変更、ピアノ調フィニッシャーには純銀製アクセントを追加するなどして質感向上が図られた。また助手席パワーオットマン機構(250GT、350GT FOURを除く)や後席パワーリクライニングシートの採用(GT Type Pに標準)などで利便性も同時に高められた。


日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

日産フーガがマイチェンで高級感アップの画像

■先進装備の採用でドライバーの負荷を低減

エンジンは、これまでどおり3本立て。うちV6の2基がアップデートを受けている。3.5リッターVQ35HRは従来より33psアップした313psに、2.5リッターのVQ25HRは13ps増の223psを発生する。4.5リッターV8(333ps)は従来どおり。

装備面では、先行車両との車間を一定に保つ「インテリジェントペダル」が新たに採用された。同装備は車両前部に設置されたレーダーセンサーの情報をもとに車間を維持し、前走車に近づくとアクセルペダルアクチュエーターが作動、ペダルを押し戻す力を発生させるというもの。

インテリジェントクルーズコントロールには、作動範囲を従来の「5〜100km/h」から「停止〜100km/h」に拡大し、先行車が停止した時はそれにあわせて停止する「全車追従機能」が追加された。また、ナビゲーションシステムからの情報をもとにカーブの大きさに合わせて車速を調整する「ナビ協調機能」など、ドライバーの負荷を軽減する装備が充実した。

価格は、2.5リッターモデルが396万9000円から420万円、3.5リッターモデルは449万4000円から533万4000円、4.5リッターモデルは571万2000円から627万9000円。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
フーガ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)【試乗記】 2012.8.15 試乗記 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)
    ……845万2500円

    「日産シーマ」が“フーガのストレッチバージョン”として復活。1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを携えた5代目は、初代のように“社会現象”を巻き起こせるか?
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2010.11.25 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……641万5500円

    誕生から1年を経た2代目「フーガ」に、ハイブリッドバージョンが登場。日産が満を持して送り出す新型高級セダンは、どんな走りを見せるのか?
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • 日産フーガ250GT(FR/5AT)【試乗記】 2005.3.1 試乗記 日産フーガ250GT(FR/5AT)
    ……389万5500円

    19インチホイールを装着した3.5リッターモデルばかりが話題となっていた日産「フーガ」だが、今回は二玄社編集顧問大川悠が2.5リッターモデルに試乗した。そこには、日産の目指す新しいセダン像がより明確な形で表れていたのである。


ホームへ戻る