【スペック】全長×全幅×全高=4570×1855×1690mm/ホイールベース=2660mm/車重=1720kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)/価格=334万9500円(テスト車=370万6710円)

トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(7人乗り)(4WD/5AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(7人乗り)(4WD/5AT) 2007.12.21 試乗記 ……370万6710円
総合評価……★★★

「アクティブ&ラクシャリー」がテーマの新型SUV「トヨタ・ヴァンガード」。7人乗りの最上級グレードで走行性能を試す。

トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(7人乗り)(4WD/5AT)【ブリーフテスト】

余裕ある「RAV4」

「トヨタ・ヴァンガード」は、輸出用ロングボディの「RAV4」に「カムリ」風フェイスを与えたモデル。ホイールベースは国内版「RAV4」より100mm延長され、235mm長いボディが載せられた。延びた寸法を活かし、5人乗りに加え、サードシートをもつ7人乗りモデルもラインナップ。RAV4の上級車種として、当面「クルーガーV」のポジションをも受け持つ。
テスト車の350Sは、3.5リッターV6を搭載した上級グレードにしてサードシートを備える7人乗り。Gパッケージは、「本革+アルカンターラ」のシートをもつ豪華版だ。

ヴァンガード(先兵・先遣隊)という勇ましい名前をもつが、三河のそれは、むしろ穏やかな街乗りSUV。1700kg前後と決して軽くない重量ながら、280ps、35.1kgmのアウトプットで余裕綽々な走り。ロングドライブを得意とする。
ミニバンユーザーもターゲットにするヴァンガード。とはいえ、収納可能な3列目のシートに過剰な期待はしないほうがいい。見かけほど人道的……否、実用的ではない。先遣隊に無理は禁物。スペース、動力性能とも、あくまで“余裕あるRAV4”と考えたほうが無難だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンガードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
ホームへ戻る