ガチャピン・ムックが「日産セレナ」の特別宣伝部員に就任!

2007.12.19 自動車ニュース
日産自動車最高執行責任者の志賀俊之氏を囲むガチャピン(写真右)とムック.。
ガチャピン・ムックが「日産セレナ」の特別宣伝員に就任!

ガチャピン・ムックが「日産セレナ」の特別宣伝部員に就任!

2007年12月19日、ガチャピンとムックが、マイナーチェンジした新型「日産セレナ」のプロモーションの特別宣伝部員に就任。東京銀座のショールームで、就任式とプレゼンテーションが行なわれた。

黒いネクタイを締めて登場したガチャピンとムック。特別宣伝部員の就任で特別社員証を授与される。
黒いネクタイを締めて登場したガチャピンとムック。特別宣伝部員の就任で特別社員証を授与される。
プレゼンをするガチャピンとムック。
プレゼンをするガチャピンとムック。
初めまして、『webCG』の関と申します。どうぞ宜しくお願いします。
初めまして、『webCG』の関と申します。どうぞ宜しくお願いします。

新型セレナお披露目のあと登場したガチャピンとムックは、黒いネクタイをしめてちょっと緊張気味。最高執行責任者の志賀氏から社員証を渡されると「これで、憧れの日産オフィスに入れるんだな」とムックは感概深げ。セレナの特別宣伝部員になれたことが嬉しい様子。

ガチャピンとムックの正式な肩書きは、
「特別宣伝部員 セレナ初体験プロデューサー」。
さっそく初仕事として、二人が考えた企画のプレゼンが始まった。いつもの「僕たちは」改め「私どもは」と切り出すなど、宣伝部員としての自覚は十分だった。

セレナ初体験プロジェクトのコミュニケーション企画は3点。ガチャピン、ムック出演のスペシャルCM、WEBスペシャルコンテンツ、日産の販売店での活用だという。
WEBスペシャルコンテンツでは、CMの企画会議の様子や、撮影中のメイキング画像などをブログにて本日より公開。また、販売店には、オリジナルシール、メモ帳、ぬりえやスゴロクが付いた小冊子などが置かれる。なお、スペシャルCMは、2008年の1月1日から全国でオンエアーされるとのことだ。

プレゼンの後は、取材に来た報道陣との名刺交換会。一人一人に「セレナをよろしくおねがいします」と、宣伝部員もすっかり板についたよう。
「終わったらさーさっそく社食に行こうよ!」(ムック)「そうだね」(ガチャピン)と楽しそうに話しながら帰っていった。

WEBスペシャルコンテンツ
http://www.nissan.co.jp/SERENA/G/

(webCG ワタナベ)

ガチャピンは、セレナのCF「じんせい初は、セレナ発」を繰り返し、宣伝に励んでいた。
ガチャピンは、セレナのCF「じんせい初は、セレナ発」を繰り返し、宣伝に励んでいた。
販売店に置かれるオリジナルシール、メモ帳、ぬりえやスゴロクが付いた小冊子。
販売店に置かれるオリジナルシール、メモ帳、ぬりえやスゴロクが付いた小冊子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編) 2017.3.2 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・オデッセイ アブソルート」に試乗する。オデッセイのハンドリングの良さに感銘を受けた谷口は、ミニバンのキモである室内にはどんな評価を下すのか?
ホームへ戻る